ソテーとムニエル(,ピカタ)の比較

ソテーは肉や野菜等を小さく薄く切ってフライパンを使い少量の油で軽く炒める料理や調理法です。
ムニエルは塩,胡椒で下味を付けた魚に小麦粉等をまぶし、フライパンを使いバターで両面焼いた魚料理です。ピカタは溶き卵も使い、食材に肉や野菜も用います。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 

乳酸菌とビフィズス菌 酵母菌とイースト菌 (ドライ)イーストとベーキングパウダー

カロリーゼロとカロリーオフ 糖類と糖質 甘味料と人工甘味料 遺伝子組換えと遺伝子組換えでない 消費期限と賞味期限 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維 ビタミンAとカロテン 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

荏胡麻油と胡麻油 食用油とサラダ油 DHAとEPA 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 蜂蜜とメープルシロップ

ソテーとムニエル(,ピカタ) キムチ鍋とチゲ鍋 鰻重(,鰻丼)と蒲焼 水から茹でると湯で茹でる

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ヨーグルト,アルコール発酵,重曹,脂質ゼロ,糖類ゼロ,糖質ゼロ,葡萄糖,果糖,蔗糖,シュガーレス[ノンシュガー/無糖],砂糖不使用,オリゴ糖,食物繊維,ステビア,アスパルテーム,糖分,糖,天然甘味料,ブドウ糖果糖液糖,果糖ブドウ糖液糖,糖アルコール,キシリトール,トレハロース,合成甘味料,遺伝子組換え不分別,セルロース,カロテノイド,ビタミン,α-リノレン酸,オレイン酸,リノール酸,必須脂肪酸,ココナッツオイル,パーム油,天ぷら油,メープルシュガー,ジョンゴル[チョンゴル],櫃まむし(ひつまぶし),塩茹で 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ゼラチン,ペクチン,フリーズドライ(凍結乾燥),スプレードライ(噴霧乾燥)



   
・他: ソテーとムニエル(,ピカタ)

ソテーは肉や野菜等をフライパンで少量の油で軽く炒める料理や調理法で、ムニエルは下味を付けた魚に小麦粉等をまぶしバターで両面焼いた魚料理で、ピカタは溶き卵等も使います。


ソテー

西洋料理(フランス)で、野菜等を(小さく薄く切って)フライパンを使い少量の{オリーブオイルや澄ましバター(溶かしバターの上澄み)等}で軽く炒める(焼く)料理や調理法です。

「野菜炒め」等の様に重なり合った材料を調理する「炒め,炒める」とは少し違いますが、へらを使って掻き混ぜたりフライパンを揺すったりして高温で素早く調理するのは「ソテー」も同じです。
掻き混ぜないで調理する時(中長時間で食材が大きい事も多い)は「焼き,焼く」{直火焼き(じかびやき),網焼き(グリル),鉄板焼き,蒸し焼き(むしやき),石焼き(ビビンバや芋等),オーブンで焼く等}が多い様です。


ムニエル

胡椒で下味を付けた{切り身等:白身魚(シタビラメ,ヒラメマス・サケ類等)}に小麦粉等(片栗粉)をまぶし、フライパンを使いバターで両面焼いた魚料理(レモン汁等を掛ける)や調理法です。ムニエールはフランス語で粉屋等の意味です。


* ピカタ

塩,胡椒等で下味を付けた薄切り肉(子牛,豚のヒレ肉ロース肉や鶏の胸肉)等に小麦粉をまぶし、{パルメザンチーズ(粉チーズ)やパセリの微塵切り等を混ぜた}溶き卵を付けバターや油で(黄金色に)焼いた料理で、魚介類やズッキーニ(野菜)等のピカタもあります。ピッカータはイタリア料理です。


小麦粉等使用や揚げ料理 関連 関連: 捏ね(揚げ)と摘入 天麩羅と空揚げ(フリッター,竜田揚) カツとフライ(肉団子[ミートボール]) ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ ソテーとムニエル(,ピカタ)

料理の種類・調理法 関連: ソテーとムニエル(,ピカタ) キムチ鍋とチゲ鍋(ジョンゴル[チョンゴル]) 鰻重(,鰻丼)と蒲焼{櫃まむし(ひつまぶし)}


 
違いは? ソテーとムニエル(,ピカタ)の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較