糖類と糖質の比較

糖類は単糖類(葡萄糖,果糖等)と二糖類{蔗糖(砂糖),乳糖,麦芽糖等}です。
糖質は栄養表示基準では蛋白質や脂質,ミネラル,食物繊維のいずれにも分類されない物で、糖質に食物繊維を加えると炭水化物です。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 

乳酸菌とビフィズス菌 酵母菌とイースト菌 (ドライ)イーストとベーキングパウダー

カロリーゼロとカロリーオフ 糖類と糖質 甘味料と人工甘味料 遺伝子組換えと遺伝子組換えでない 消費期限と賞味期限 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維 ビタミンAとカロテン 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

荏胡麻油と胡麻油 食用油とサラダ油 DHAとEPA 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 蜂蜜とメープルシロップ

ソテーとムニエル(,ピカタ) キムチ鍋とチゲ鍋 鰻重(,鰻丼)と蒲焼 水から茹でると湯で茹でる

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ヨーグルト,アルコール発酵,重曹,脂質ゼロ,糖類ゼロ,糖質ゼロ,葡萄糖,果糖,蔗糖,シュガーレス[ノンシュガー/無糖],砂糖不使用,オリゴ糖,食物繊維,ステビア,アスパルテーム,糖分,糖,天然甘味料,ブドウ糖果糖液糖,果糖ブドウ糖液糖,糖アルコール,キシリトール,トレハロース,合成甘味料,遺伝子組換え不分別,セルロース,カロテノイド,ビタミン,α-リノレン酸,オレイン酸,リノール酸,必須脂肪酸,ココナッツオイル,パーム油,天ぷら油,メープルシュガー,ジョンゴル[チョンゴル],櫃まむし(ひつまぶし),塩茹で 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ゼラチン,ペクチン,フリーズドライ(凍結乾燥),スプレードライ(噴霧乾燥)



ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣


   
・他: 糖類と糖質

糖類は単糖類(葡萄糖等)と二糖類{蔗糖(砂糖)等}で、糖質は蛋白質や脂質,ミネラル,食物繊維のいずれにも分類されない物です。


糖類

糖類は単糖類{葡萄糖,果糖砂糖より甘味大)等}と二糖類{蔗糖(砂糖),乳糖,麦芽糖等}で、キシリトール{甘味(砂糖より小)があり低カロリー(3kcal,砂糖等の糖類は4kcal)}等の糖アルコール類の単糖類や二糖類は入りません。

糖質と糖類等の分類は学問分野等に依って差異があり、ここでは栄養学的(栄養表示基準)に示しています。


* シュガーレス,ノンシュガーと無糖

シュガーレス,ノンシュガーや無糖等(糖類ゼロ,糖分ゼロ,シュガーフリー)も同じで、砂糖だけではなくブドウ糖,果糖や麦芽糖等の単糖類や二糖類も含まれ、栄養表示基準では食品100g[飲料100ml]当り糖類が0.5g未満の時に言います。糖類が使われていないのに甘いのは糖アルコールや非糖質系甘味料等が入っているからです。

砂糖不使用:砂糖を含んだ果汁等や葡萄糖等の糖類を使っても、原材料や加工過程で砂糖を使わない場合には「砂糖不使用」と表示できます。


糖質

糖質は栄養表示基準では蛋白質や脂質,ミネラル,食物繊維のいずれにも分類されない物で、炭水化物は糖質と食物繊維に分ける事ができます。

 糖質 = 炭水化物 − 食物繊維

糖質に分類されるのは多糖類澱粉やデキストリン(澱粉を加水分解した物でオリゴ糖より糖の数が多い物),オリゴ糖(三糖類〜糖類が10個位結び付いた物)等と、糖アルコール{糖類を還元(水素添加)して作られるキシリトール等}と、高甘味度甘味料{砂糖を原料に作られるスクラロース(甘味度は砂糖の600倍)等}です。
糖類というのは糖質の一部で、糖質に含まれます。

 炭水化物 > 糖質 > 糖類


炭水化物

多くのものが分子式 CmH2nOn で表され、HとOの比が2:1なので Cm(H2O)n と書き替えると炭素(C)に(H2O)が結合した様に見えるので炭水化物と呼ばれます。
栄養成分表示(栄養表示基準)を行う場合は製品100g中の炭水化物(g)は次式で計算され、蛋白質や脂質,ミネラル成分のどれにも分類されない物は炭水化物になります。

 炭水化物(g)=100g−{水分+蛋白質+脂質+ミネラル分(灰分:ナトリウム等)

「炭水化物」に代えて「糖質」と「食物繊維」で表示する事もできます。


食物繊維

人の消化酵素では消化できない、食物中の多糖質の難消化性成分{ポリデキストロース(水溶性食物繊維)やセルロース(不溶性食物繊維)等}で、炭水化物でもあります。


* 非糖質系甘味料

非糖質系甘味料には天然甘味料のステビアや人工甘味料(合成甘味料)のアスパルテーム(アミノ酸を結合)等があります。これらは0〜4kcal/gで、砂糖の100倍以上の甘みがあるので使用量が微量の為に結果的にノンカロリー(100g[100ml]当り5kcal未満の食品[飲料])になります。


* 糖分

「糖分を控える」や「糖分が多い」等とよく言いますが、食材等に成分として甘味のある炭水化物(果糖や砂糖等)が含まれている時とか、糖の量を示す場合等に使われている様で、かなり曖昧な言葉だと思います(糖質や糖類と同じ様な意味でも使われています)。


* :ブドウ糖や砂糖(糖分),糖類の事を言ったりしますが、(広くは)糖質の事です。


 
違いは? 糖類と糖質の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較