蜂蜜とメープルシロップの比較

蜂蜜は蜜蜂が花から採取した花蜜等を体内で果糖や葡萄糖等に分解した蜜で、花の種類によって風味や色等が異なります。強い殺菌力があり賞味期限はないと考えてよいです。
メープルシロップは砂糖楓等の樹液を採集し煮詰めて濃縮した琥珀色の主成分が蔗糖のシロップで、蜂蜜よりもカロリーは低く、カリウムやカルシウム等は多く含んでいます。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 

乳酸菌とビフィズス菌 酵母菌とイースト菌 (ドライ)イーストとベーキングパウダー

カロリーゼロとカロリーオフ 糖類と糖質 甘味料と人工甘味料 遺伝子組換えと遺伝子組換えでない 消費期限と賞味期限 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維 ビタミンAとカロテン 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

荏胡麻油と胡麻油 食用油とサラダ油 DHAとEPA 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 蜂蜜とメープルシロップ

ソテーとムニエル(,ピカタ) キムチ鍋とチゲ鍋 鰻重(,鰻丼)と蒲焼 水から茹でると湯で茹でる

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ヨーグルト,アルコール発酵,重曹,脂質ゼロ,糖類ゼロ,糖質ゼロ,葡萄糖,果糖,蔗糖,シュガーレス[ノンシュガー/無糖],砂糖不使用,オリゴ糖,食物繊維,ステビア,アスパルテーム,糖分,糖,天然甘味料,ブドウ糖果糖液糖,果糖ブドウ糖液糖,糖アルコール,キシリトール,トレハロース,合成甘味料,遺伝子組換え不分別,セルロース,カロテノイド,ビタミン,α-リノレン酸,オレイン酸,リノール酸,必須脂肪酸,ココナッツオイル,パーム油,天ぷら油,メープルシュガー,ジョンゴル[チョンゴル],櫃まむし(ひつまぶし),塩茹で 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ゼラチン,ペクチン,フリーズドライ(凍結乾燥),スプレードライ(噴霧乾燥)



   
・他: 蜂蜜とメープルシロップ

蜂蜜は蜜蜂が採取した花蜜を体内で葡萄糖等に分解した蜜で強い殺菌力があり、メープルシロップは砂糖楓等の樹液を採集し煮詰めた蔗糖等のシロップです。


蜂蜜

雌の蜜蜂{みつばち(セイヨウミツバチ)}が花から採取(採集)した花蜜{甘い粘液,蔗糖糖度は採集時40%未満}や花粉等を体内(唾液に含まれる酵素)で果糖(フルクトース)や葡萄糖(グルコース)等に分解(GI値は高くなる)した蜜(白色透明または帯黄色のねばった濃液,水分発散され糖度は80%前後)で、アカシアや蓮華,クローバー等の採取した花の種類によって風味や色等が異なります。ビタミンやミネラル,アミノ酸等の栄養素の多くは花粉に由来する物です。

強い殺菌力があり賞味期限{設けられてるが腐らない(糖度も高いので),風味の保証}は実質ないと考えてよく、常温保存が適しています{結晶化(5〜14℃弱でし易い:グルコースの性質)したら湯煎にかけて温めれば元に戻る}。

ボツリヌス菌が含まれている場合(約5%の蜂蜜に含まれる)、乳児に食べさせると中毒症状になる事があります。

蜂蜜を使用した梅ハニーシロップや桜のハニーシロップ等もあります。


メープルシロップ

砂糖楓{さとうかえで:北米産(カナダのケベック州等とアメリカの一部),葉はカナダの国章で国旗に用いられている}等の樹液{透明な液体(木1本から約40〜80リットル採れる)での様にさらっとしていて微かに甘み(糖分は2〜2.5%)を感じる程度}を採集し煮詰めて(40分の1に)濃縮した琥珀色{透過度によって等級(グレード)がある}のシロップ(主成分は蔗糖)で、楓糖蜜です。

メープルシロップの等級{風味や色(薄い程高級)は下程濃い,No. 1 等級は糖分66%以上}
No. 1 : エキストラ ライト
No. 1 : ライト
No. 1 : ミディアム
No. 2 : アンバー
No. 3 : ダーク

ホットケーキやワッフル等を食べる時に掛けます。
傷み易いので開栓後は冷蔵庫に入れてなるべく早く使用した方が良いです。


砂糖(100g当り上白糖384kcal)や蜂蜜(294kcal)よりもメープルシロップ(一例:257kcal)の方がカロリーが低いです。カリウムやカルシウム,マグネシウム等は蜂蜜よりメープルシロップの方が多く含んでいます。

メープルシロップは高価なので、原材料に他の甘味料等を混ぜ合せたケーキシロップ(先日パンケーキを焼く時に買いました、価格は4分の1強位でした)等もありますね。


* メープルシュガー

砂糖楓の樹幹から採集した樹液を水の沸点以下で固体になるまで濃縮された砂糖、楓糖です。


 
違いは? 蜂蜜とメープルシロップの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較