乳酸菌とビフィズス菌の比較

乳酸菌は乳酸を作り,酸素があっても生きていけるが、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り,酸素があると生きていけない。
 


ホーム


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 

乳酸菌とビフィズス菌 酵母菌とイースト菌 (ドライ)イーストとベーキングパウダー

カロリーゼロとカロリーオフ 糖類と糖質 甘味料と人工甘味料 遺伝子組換えと遺伝子組換えでない 消費期限と賞味期限 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維 ビタミンAとカロテン 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

荏胡麻油と胡麻油 食用油とサラダ油 DHAとEPA 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 蜂蜜とメープルシロップ

ソテーとムニエル(,ピカタ) キムチ鍋とチゲ鍋 鰻重(,鰻丼)と蒲焼 水から茹でると湯で茹でる

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ヨーグルト,アルコール発酵,重曹,脂質ゼロ,糖類ゼロ,糖質ゼロ,葡萄糖,果糖,蔗糖,シュガーレス[ノンシュガー/無糖],砂糖不使用,オリゴ糖,食物繊維,ステビア,アスパルテーム,糖分,糖,天然甘味料,ブドウ糖果糖液糖,果糖ブドウ糖液糖,糖アルコール,キシリトール,トレハロース,合成甘味料,遺伝子組換え不分別,セルロース,カロテノイド,ビタミン,α-リノレン酸,オレイン酸,リノール酸,必須脂肪酸,ココナッツオイル,パーム油,天ぷら油,メープルシュガー,ジョンゴル[チョンゴル],櫃まむし(ひつまぶし),塩茹で 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ゼラチン,ペクチン,フリーズドライ(凍結乾燥),スプレードライ(噴霧乾燥)



   
・他: 乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌は主に小腸で生息し定着はできないが、ビフィズス菌は主に大腸で生息し定着性がある。


乳酸菌

乳酸菌を使って糖類を無酸素状態で分解し乳酸(酸味を有し無色無臭)を生ずる乳酸発酵にかかわる通性嫌気性(酸素があっても生育可)の細菌で、乳酸球菌や乳酸桿菌(棒状または円筒形の細菌)等がある。
牛乳等を乳酸発酵させて作る乳製品(発酵乳)のヨーグルト乳酸菌飲料[乳酸飲料]等の製造に用いられる。

乳酸菌はヨーグルトやチーズ等を作る動物性乳酸菌,や漬物等のように穀類や野菜等の植物性食材を発酵させて作る植物性乳酸菌等一部の発酵食品や人・動物の腸管以外にも広く自然界に分布しています。


ビフィズス菌

主に腸管[腸]に常在する偏性嫌気性(酸素があると生育不可)の細菌で、消化に役立つ乳酸や酢酸を産生します。

ビフィズス菌も乳酸菌(主に小腸で生息)の仲間で酸素の少ない大腸で主に生息し、乳酸菌と共に善玉菌として整腸の働き等をします。ビフィズス菌には定着性がありますが加齢やストレス等により減少(悪玉菌は増加)します。オリゴ糖(ビフィズス菌の餌として)の摂取は腸内ビフィズス菌を増やすのに有効な方法です。



乳酸菌ヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルトLB81
ブルガリア菌2038株(ラクトバチルス・ブルガリカス)とサーモフィラス菌1131株(ストレプトコッカス・サーモフィラス)と言う2種類の乳酸菌{「LB」は乳酸菌を意味するLactic Acid Bacteria(ラクティックアシッドバクテリア)の頭文字で,「81」は各菌株の末尾番号を組み合わせた物です}が使用されていて、乾燥肌の改善等にも効果がある様です。

明治プロビオヨーグルトLG21
LG21(菌株)[LG21乳酸菌](ラクトバチルスガッセリーOLL2716株[ラクトバチルス ガゼリLG21]){「プロビオ」はプロバイオティクス(Probiotics)を由来とする造語で,「LG」はLactobacillus Gasseriの頭文字で,「21」は菌株ナンバーの“2”と“1”を取った物です}が使用されていて(ブルガリア菌とサーモフィラス菌の混合も使われている)、ピロリ菌対策にも効果がある様です。

明治ヨーグルトR-1
1073R-1乳酸菌(ラクトバチルスブルガリクス OLL 1073R-1,ブルガリア菌の中から見つけられたヨーグルト菌)が使用されていて、風邪やインフルエンザ予防にも効果がある様です。


ビフィズス菌ヨーグルト

森永ビヒダスヨーグルトBB536
フィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536){ビフィドバクテリウムは属名(菌属),ロンガムは種名(菌種;ロンガム菌は一般的な名称),BB536は菌株名;ヒトの腸内に常在,プロバイオティクス(生きて腸まで届く菌等の事)}が使用されていて(ブルガリア菌やサーモフィラス菌等の乳酸菌も使われている)、花粉症の症状緩和等にも効果がある様です。

ナチュレ 恵 megumi 400g(雪印)
ガセリ菌SP株(ラクトバチルス ガゼリ SP,小腸に主に存在)とビフィズス菌SP株(ビフィドバクテリウム ロングム SP,主にこの大腸に住む){ヒト由来の乳酸菌(ビフィズス菌),プロバイオティクス乳酸菌}が使用されていて、メタボにも効果がある様です。

ダノンビオ(ダノンジャパン)
生きたまま腸まで届く高生存ビフィズス菌「BE80」(ビフィドバクテリウム BIO)が使用されていて(BE80を中心にサーモフィラス菌,ブルガリカス菌2種類,ラクトコッカスラクティス菌の5種類の菌が使われている)、スムーズなお通じにも効果がある様です。


サーモフィルス,ブルガリクス[ブルガリカス]やガセリ[ガッセリー]等はホモ型(糖を分解して乳酸のみを作るタイプ)で、ロンガム[ロングム]等はヘテロ型(糖を分解して乳酸と酢酸又はアルコール,炭酸ガスを生成するタイプ)です。

サーモフィルス等は球菌(球状をした乳酸菌)、ブルガリクス,ガセリやロンガム等は桿菌(かんきん:棒状をした乳酸菌,ビフィズス菌は棒状でYの字型)です。


注:菌株等の表記方等は各メーカー等で様々で、同じメーカーでもwebのページにより異なる表示をしている事もありますが、なるべく各メーカー等のwebでの主なる表記に従いました


 
違いは? 乳酸菌とビフィズス菌の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較