清酒と料理酒の比較

清酒は蒸米に麹,水,酵母を加え発酵させて造った諸味を搾って濾過した醸造酒、日本酒の事で、純米酒,吟醸酒や本醸造酒等の分類があります。
料理酒には酒に塩分を加えて酒税法対象外の安価な加塩料理酒や、原料に糖類,調味料や酸味料等を添加した酒類調味料があり、合成清酒や料理用清酒も使われます。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)

ワインとシャンパン ワインのフルボディとライトボディ ビールと発泡酒(第3のビール) 清酒と料理酒 日本酒と焼酎 チューハイとサワー マッコリと甘酒

レモネードとラムネ(・サイダー) ポカリスエットとアクエリアス ミネラルウォーターと天然水 紅茶と烏龍茶 煎茶と番茶

濃縮果汁と濃縮還元果汁 粉ミルクとクリープ コーヒーフレッシュと牛乳 豆乳と牛乳 コーヒーとエスプレッソ ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒー

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目等:シェリー,スパークリングワイン,麦芽,ホップ,生ビール,ラガー,エール,諸味[醪],ホワイトリカー,醸造酒,醸造アルコール,吟醸酒,純米酒,蒸留酒,ブランデー,混成酒,ハイボール,ウォッカ,スピリッツ,リキュール,カクテル,濁酒,白酒,清涼飲料,炭酸飲料,レモンライム,レモンスカシュ,シードル,OS-1,生理食塩水,水の硬度,茶,緑茶,中国茶,玉露,抹茶,焙じ茶,還元乳,脱脂粉乳(スキムミルク),全粉乳,練乳(コンデンスミルク),クリーミングパウダー,アイリッシュコーヒー,ウィンナコーヒー,カフェラテ,カフェオレ,カプチーノ,ストレートコーヒー,アメリカンコーヒー 異なる項目に掲載の簡易説明品目:乳固形分



 



   
・飲料: 清酒と料理酒

清酒は蒸米に麹,水,酵母を加え発酵させ諸味を搾った日本酒の事で、純米酒,吟醸酒等の種類があります。料理酒には加塩料理酒や酒類調味料があり、合成清酒や料理用清酒も使われます。


清酒

蒸した白米に麹,,酒母(酵母を培養した物)を加え発酵させて造った諸味[醪]を搾って濾過した醸造酒(純米と名に付かない物は醸造用アルコールも添加しています)で、日本酒の事です。

精米度合いや醸造条件等の違いにより純米酒,吟醸酒(大吟醸酒)や本醸造酒等の色んな種類,分類があります。


料理酒

料理酒には酒に2〜3%の塩分(海水は約3%)を加えて飲用不可(不可飲処置)にして酒税法の適用対象外となっている安価な加塩料理酒や、原料に糖類,調味料や酸味料等を添加した醸造調味料,みりんタイプ調味料(甘味調味料)等の色々な酒類調味料(酒類はアルコール分一度以上の飲料等)があります。

合成清酒[合成酒]{醸造アルコール(エタノール)に糖類,有機酸やアミノ酸等を加えた酒(純合成酒以外に風味付けに日本酒成分を添加する物もあります)で、清酒より税率,原料費や製造コストが低いです}や料理清酒(料理を美味しくする為に専用に醸造していて酸味料や調味料等不使用の料理用清酒)も料理酒に使われます。

料理酒は肉や魚の生臭みを消して風味,香りをよくしたり素材を軟らかくし、旨味,酷(こく)を与えたり保存性の向上の為等に用います。


加塩料理酒は酒類販売業免許[酒販免許]を持たない小売店でも売れる様に作られた物で、現在では規制緩和で距離基準や人口基準等が廃止されましたが、以前は既存の小売業者保護等の為に厳格な制限がされていました。

料理には清酒(精米度合いが高い吟醸酒等の高級な清酒は雑味が少ないので向きません)等の醸造酒(和食以外なら洋食にワインビール,中華に紹興酒等)を使うのが一般的で、焼酎等の蒸留酒はアルコール分が多い事や原料の違い等の理由であまり使用されません。
{連続式蒸留焼酎(焼酎甲類)のホワイトリカー等はほぼ純粋になったエチルアルコールーを水で薄めた物で、廃糖蜜等を原料とし何度も蒸留し旨み成分(アミノ酸)や風味等(雑味,甘味)は殆どありません(無味無臭)が、料理に使うなら保存性(殺菌,防腐)目的で用いる事はできます。}


日本酒・清酒・酒 関連: 清酒と料理酒 日本酒と焼酎(醸造酒,蒸留酒) マッコリと甘酒(どぶろく,白酒)


 
違いは? 清酒と料理酒の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較