コーヒーフレッシュと牛乳の比較

コーヒーフレッシュは原材料に植物油脂を使った製品が多いですが、植物性脂肪と乳脂肪とを配合した物や乳脂肪(乳脂肪分20%等)だけを脂肪原材料(無脂乳固形分等も他に含む)として使用した物もあり、乳脂肪分が多いほど高価です。
牛乳は乳脂肪分(100g中3.5g以上等)と無脂乳固形分(8.0%以上:蛋白質,炭水化物,カルシウム,ビタミン等の脂質以外の栄養素)と水分が成分です。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)

ワインとシャンパン ワインのフルボディとライトボディ ビールと発泡酒(第3のビール) 清酒と料理酒 日本酒と焼酎 チューハイとサワー マッコリと甘酒

レモネードとラムネ(・サイダー) ポカリスエットとアクエリアス ミネラルウォーターと天然水 紅茶と烏龍茶 煎茶と番茶

濃縮果汁と濃縮還元果汁 粉ミルクとクリープ コーヒーフレッシュと牛乳 豆乳と牛乳 コーヒーとエスプレッソ ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒー

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目等:シェリー,スパークリングワイン,麦芽,ホップ,生ビール,ラガー,エール,諸味[醪],ホワイトリカー,醸造酒,醸造アルコール,吟醸酒,純米酒,蒸留酒,ブランデー,混成酒,ハイボール,ウォッカ,スピリッツ,リキュール,カクテル,濁酒,白酒,清涼飲料,炭酸飲料,レモンライム,レモンスカシュ,シードル,OS-1,生理食塩水,水の硬度,茶,緑茶,中国茶,玉露,抹茶,焙じ茶,還元乳,脱脂粉乳(スキムミルク),全粉乳,練乳(コンデンスミルク),クリーミングパウダー,アイリッシュコーヒー,ウィンナコーヒー,カフェラテ,カフェオレ,カプチーノ,ストレートコーヒー,アメリカンコーヒー 異なる項目に掲載の簡易説明品目:乳固形分



 



・飲料: コーヒーフレッシュと牛乳

コーヒーフレッシュは植物油脂を使った製品が多いが、乳脂肪分18%〜45%位の製品もあり、無脂乳固形分等も使用しています。牛乳は乳脂肪分(3.5%以上等)と無脂乳固形分が成分です。


コーヒーフレッシュ

フレッシュ(コーヒー等に入れるクリーム)は原材料(脂肪分以外に乳製品の無脂乳固形分等も入っています)に植物油脂を使った製品が多いですが、植物性脂肪と乳脂肪とを配合した物や乳脂肪(乳脂肪分は製品によって18%〜45%位です)だけを脂肪原材料として使用した物もあり、乳脂肪分が多いほど高価です。

メロディアン・ミニ(メロディアン株式会社)やスジャータP(めいらくグループ)等も植物油脂を使った商品ですが、両メーカー共に上位商品には乳脂肪と調合した物や乳脂肪だけ(脂肪分以外に乳製品の無脂乳固形分等も含みます)の商品もあります。

家庭や職場等でもクリープ等のクリーミングパウダーと同様に、小分けのポーションタイプ等のコーヒーフレッシュもよく使われます。地域によっては「(ホイップ)クリーム」や「(コーヒー)ミルク」等とも呼ばれています。


牛乳

牛乳は乳脂肪分{100g中3.5g以上等:幾つかのメーカーの牛乳パックに大きく書かれている3.5とか3.8や特濃4.5(成分調整牛乳等)のあの数字です}と無脂乳固形分{8.0%以上:蛋白質,炭水化物,カルシウム(ミネラル),ビタミン等の脂質以外の栄養素}と水分が成分です。

無添加(原材料は生乳100%)の牛乳には「無調整」以外にも、成分を「調整した牛乳」の低脂肪牛乳(乳脂肪分0.5〜1.5%)や無脂肪牛乳(乳脂肪分0.5%未満)等もあります。

* ホイップ

生クリーム(30%以上)を泡立てた物がホイップクリームで、植物性油脂を用いた物もホイップ(クリーム)と呼びます。

* 生クリーム

牛乳からクリーム分離機で分離採取した淡黄白色の脂肪分が生クリームで、バター原料やケーキ用生クリーム等で使われる物は高脂肪(40〜45%位)で、コーヒーフレッシュに使われる乳脂肪分も生クリームが原料です。


ミルク・牛乳 関連: バターとマーガリン アイスクリームと(生)クリーム{ソフトクリーム,アイスミルク,ホイップ(クリーム)} 粉ミルクとクリープ{脱脂粉乳(スキムミルク),全粉乳,練乳(コンデンスミルク),クリーミングパウダー} コーヒーフレッシュと牛乳 豆乳と牛乳(低脂肪牛乳,成分調整牛乳,加工乳,乳飲料 等)


 
違いは? コーヒーフレッシュと牛乳の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較