天然水とミネラルウォーターの比較

天然水[ナチュラルウォーター]は特定の水源から採水した地下水が原水で、沈殿,濾過,加熱殺菌以外の処理をしていない飲料水です。
ナチュラルミネラルウォーターはミネラル分が天然の状態で溶け込んでいる地下水を原水とした天然水です。
ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターにミネラル分の調整やブレンドを行った水です。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)

ワインとシャンパン ワインのフルボディとライトボディ ビールと発泡酒(第3のビール) 清酒と料理酒 日本酒と焼酎 チューハイとサワー マッコリと甘酒

レモネードとラムネ(・サイダー) ポカリスエットとアクエリアス ミネラルウォーターと天然水 紅茶と烏龍茶 煎茶と番茶

濃縮果汁と濃縮還元果汁 粉ミルクとクリープ コーヒーフレッシュと牛乳 豆乳と牛乳 コーヒーとエスプレッソ ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒー

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目等:シェリー,スパークリングワイン,麦芽,ホップ,生ビール,ラガー,エール,諸味[醪],ホワイトリカー,醸造酒,醸造アルコール,吟醸酒,純米酒,蒸留酒,ブランデー,混成酒,ハイボール,ウォッカ,スピリッツ,リキュール,カクテル,濁酒,白酒,清涼飲料,炭酸飲料,レモンライム,レモンスカシュ,シードル,OS-1,生理食塩水,水の硬度,茶,緑茶,中国茶,玉露,抹茶,焙じ茶,還元乳,脱脂粉乳(スキムミルク),全粉乳,練乳(コンデンスミルク),クリーミングパウダー,アイリッシュコーヒー,ウィンナコーヒー,カフェラテ,カフェオレ,カプチーノ,ストレートコーヒー,アメリカンコーヒー 異なる項目に掲載の簡易説明品目:乳固形分



 



・飲料: 天然水とミネラルウォーター

天然水[ナチュラルウォーター]は特定の水源から採水した地下水が原水で加熱殺菌処理等以外をしていない水で、ナチュラルミネラルウォーターはミネラル分が天然の状態で溶け込んでいる天然水で、ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターにミネラル分の調整等を行った水です。


天然水[ナチュラルウォーター]

特定の水源から採水した地下水が原水で、沈殿,濾過,加熱殺菌以外の処理をしていない飲料水です。
EU基準のナチュラルウォーターは加熱殺菌等の一切の処理がされていない天然水です。

・ナチュラルミネラルウォーター:ミネラル分が天然(人工的添加や成分加工をしていない)の状態で溶け込んでいる鉱化された(地層中の無機塩類が溶解した)地下水を原水とした天然水です。


ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターにミネラル分の調整やブレンド(複数の水源の水の混合)を行った水です。
アメリカでは非加熱のオゾン曝気殺菌,紫外線殺菌を主に行います。

・ボトルドウォーター:地下水以外の原水を使用する事もあり、成分を変化させる処理方法に限定のない水です。
ウォーターサーバーの多くに使用されているRO水は逆浸透膜で濾過した水なので原水のミネラル分に影響があり、濾過後に人工的にミネラルを加える事もあります。


水の硬度[mg/L]:(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4)で炭酸カルシウムの量に換算し、日本では一般的に硬度100未満を軟水,100以上を硬水とする事が多いですが、WHOでは120未満を軟水,120以上が硬水です。日本では殆どが軟水です。

硬水の飲み応えは硬い重い感じで、味はミネラル分の相対により変わるので硬度だけでは一概には言えませんが、マグネシウムが多いと渋みを感じ飲用には不向きだと思います。軟水は滑らかな飲み応えで味に癖がありません。料理には軟水の方が向いています。


 
違いは? 天然水とミネラルウォーターの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較