ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒーの比較

ブレンドコーヒーは味や香り等のバランスを良くする為に数種類のコーヒー豆を混合し抽出したコーヒーで、各豆の持ち味を活かしつつストレートコーヒーにはない広がりや円やかさ,新しい風味等を求める事もできます。
レギュラーコーヒーは和製語でインスタントコーヒーに対して、挽いたコーヒー豆を使って浸出するコーヒーで、ブレンドコーヒーが一般的です。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)

ワインとシャンパン ワインのフルボディとライトボディ ビールと発泡酒(第3のビール) 清酒と料理酒 日本酒と焼酎 チューハイとサワー マッコリと甘酒

レモネードとラムネ(・サイダー) ポカリスエットとアクエリアス ミネラルウォーターと天然水 紅茶と烏龍茶 煎茶と番茶

濃縮果汁と濃縮還元果汁 粉ミルクとクリープ コーヒーフレッシュと牛乳 豆乳と牛乳 コーヒーとエスプレッソ ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒー

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目等:シェリー,スパークリングワイン,麦芽,ホップ,生ビール,ラガー,エール,諸味[醪],ホワイトリカー,醸造酒,醸造アルコール,吟醸酒,純米酒,蒸留酒,ブランデー,混成酒,ハイボール,ウォッカ,スピリッツ,リキュール,カクテル,濁酒,白酒,清涼飲料,炭酸飲料,レモンライム,レモンスカシュ,シードル,OS-1,生理食塩水,水の硬度,茶,緑茶,中国茶,玉露,抹茶,焙じ茶,還元乳,脱脂粉乳(スキムミルク),全粉乳,練乳(コンデンスミルク),クリーミングパウダー,アイリッシュコーヒー,ウィンナコーヒー,カフェラテ,カフェオレ,カプチーノ,ストレートコーヒー,アメリカンコーヒー 異なる項目に掲載の簡易説明品目:乳固形分



 



   
・飲料・酒(アルコール): ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒー

ブレンドコーヒーは味や香り等のバランスを良くする為に数種類のコーヒー豆を混合し抽出したコーヒーで、一種類の焙煎豆からなるコーヒーの事をストレートコーヒーと言います。
レギュラーコーヒーはインスタントコーヒーに対して、挽いたコーヒー豆を使って浸出するコーヒーで、和製語です。


ブレンドコーヒー

味(苦味,酸味,コク)や香り等のバランスを良くする為に数種類(3〜5種類程度で構成されるのが一般的)のコーヒー豆を混合(焙煎前のプレミックスと焙煎後のアフターミックスがある,主に中炒り焙煎豆を使う)し抽出したコーヒーで、各豆の持ち味を活かしつつストレートにはない広がりや円やかさ,新しい風味等を求める事もできます。
銘柄や産地等を冠表示したコーヒーにはモカブレンドならモカが30%以上ブレンドされています。

インスタントコーヒー等もブレンドコーヒーです。


* ストレートコーヒー

一種類の焙煎豆からなるコーヒーの事を言いますが、銘柄ごとに苦味,酸味,コク,香り等の特徴が異なり、程好く均衡を備える豆はあまりありません。


レギュラーコーヒー

インスタントコーヒーに対して、挽いたコーヒー豆(原材料の100%)を使って浸出するコーヒーで、和製語です。

レギュラーコーヒーや缶コーヒー等もブレンドコーヒーが一般的です。原材料のコーヒー豆の所に原則ブレンド比率の多い順に生産国名等(コロンビアとかブラジル…)が表示されています。

コーヒー豆はレギュラーコーヒー用には風味と酷に優れたアラビカ種が主で、栽培が容易なロブスタ種はインスタント用や安いレギュラーコーヒーの増量用等に用いられます。


* アメリカン(コーヒー)

アメリカンコーヒー(アメリカンローストコーヒー)はコーヒー豆を浅煎り(通称アメリカンロースト:シナモンローストに近い)で焙煎し抽出した色が薄めのコーヒーで、日本での呼称です。
アメリカンスタイルの、豆(浅煎り粗挽き)の使用量を少な目にして入れる、濃度を薄めに入れたコーヒーの事を言う場合もありますが、コーヒーをお湯割りにして薄めた物ではありません。

アメリカンコーヒーもブレンドコーヒーが多い様です。


浅煎りは香りや酸味に優れ,カフェイン量が多く、深煎りは苦味に優れていると言われます。


コーヒー 関連: コーヒーとインスタントコーヒー コーヒーとエスプレッソ(アイリッシュコーヒー,ウィンナコーヒー,カフェラテ,カフェオレ,カプチーノ) ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒー(ストレートコーヒー,アメリカン)


 
違いは? ブレンドコーヒーとレギュラーコーヒーの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較