今川焼と銅鑼焼の比較

今川焼は円形の窪みがある鉄等の焼型に水で溶いた小麦粉主体の生地を流し込んで、中に餡を入れ、その上にさらに生地を入れて焼いた低い円柱形の焼き菓子で、地域によっては回転焼きや大判焼きと呼ばれ、店頭販売等が多い様に思います。
銅鑼焼は二枚の銅鑼形のホットケーキの様に焼いたなカステラの様な食感の皮に粒餡を挟んだ和菓子で、土産物店やスーパー等でもよく見かけます。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品

羊羹と水羊羹 善哉と汁粉 今川焼と銅鑼焼 大福と饅頭

クロワッサンとデニッシュ スコーンとマフィン パンケーキとホットケーキ クッキーとビスケット(,クラッカー) 御手洗(団子)と団子 御欠(,霰)と煎餅

ゼリーと寒天 チョコレートとホワイトチョコレート チョコレートと生チョコレート ココアとチョコレート キャラメルと生キャラメル アイスクリームと(生)クリーム コーヒーとインスタントコーヒー

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:外郎,回転焼き・大判焼き,餡ころ餅,牡丹餅・御萩,月餅,サブレ,ゼラチン,コラーゲン,ペクチン,カカオマス,カカオバター,カラメル,ソフトクリーム,アイスミルク,ラクトアイス,ホイップ(クリーム)


 飲料・酒(アルコール)



 



・菓子類,嗜好品: 今川焼と銅鑼焼

今川焼は円形の窪みがある焼型に生地を流し込んで、中に餡を入れ、さらに生地を入れて焼いた低い円柱形の焼き菓子で、回転焼きや大判焼きとも呼ばれます。
銅鑼焼は二枚の銅鑼形に焼いたカステラの様な食感の皮に粒餡を挟んだ和菓子で、土産物や市販品でよく見かけます。


今川焼

円形の窪みが多数ある鉄や銅の焼型にで溶いた小麦粉主体(卵,砂糖等)の生地を流し込んで、中に(小豆餡が主で、他に白餡,カスタードクリーム等)を入れ、その上にさらに生地を入れて焼いた(又は、別の型で生地を焼いたのをのせた)皮の薄い低い円柱形の焼き菓子で、店舗での店頭販売等が多い様に思います。
江戸時代に神田今川橋辺りの店で銅板に銅の輪型をのせて焼いたのが始まりです。
「今川焼き」は関東で、地方によって呼び名が違い、九州を中心とした西日本では「回転焼き」(多数の焼型が円形状に並んだ焼き板を回転しながら焼く)で、全国的には「大判焼き」(大判の形や円形)と呼ぶ地域が多い様です。

「たい焼き」も今川焼きの様に生地を型に注ぎ中に餡を入れて焼いた菓子ですね。同じ様に皮の中に餡を入れた菓子でも饅頭は大体蒸した物です。


銅鑼焼[どら焼き]

二枚の銅鑼形に焼いた皮(原料は小麦粉,卵,砂糖)に粒餡を挟んだ和菓子で、土産物店やスーパー等(市販品)でもよく見かけます。
熱した銅鑼で皮を丸く焼いて、餡子を包んだと言う説もあります。

ドラえもんの大好物として知られていますね。

ホットケーキ[パンケーキ(パンはフライパンのパン)]の生地(原料:小麦粉,卵,砂糖,牛乳,ベーキングパウダー,等)や形状が似ていて、皮はカステラの様な食感です。


銅鑼は紐で吊り下げてばちで打って鳴らす盆形をした中国の金属製の打楽器で、テレビで対戦ゲーム等をする時のスタートのゴング等で偶に見かけます。


 
違いは? 今川焼と銅鑼焼の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較