アイスクリームと(生)クリームの比較

アイスクリームは牛乳等を原料とした空気を含む様に掻き混ぜクリーム状にして凍結させた乳固形分15%以上(内乳脂肪分8%以上)の乳製品です。
(生)クリームは生乳(牛乳,特別牛乳)を原料とした乳脂肪分18%以上で添加物や植物性油脂を含まない乳製品です。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品

羊羹と水羊羹 善哉と汁粉 今川焼と銅鑼焼 大福と饅頭

クロワッサンとデニッシュ スコーンとマフィン パンケーキとホットケーキ クッキーとビスケット(,クラッカー) 御手洗(団子)と団子 御欠(,霰)と煎餅

ゼリーと寒天 チョコレートとホワイトチョコレート チョコレートと生チョコレート ココアとチョコレート キャラメルと生キャラメル アイスクリームと(生)クリーム コーヒーとインスタントコーヒー

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:外郎,回転焼き・大判焼き,餡ころ餅,牡丹餅・御萩,月餅,サブレ,ゼラチン,コラーゲン,ペクチン,カカオマス,カカオバター,カラメル,ソフトクリーム,アイスミルク,ラクトアイス,ホイップ(クリーム)


 飲料・酒(アルコール)



 



・菓子類,嗜好品: アイスクリームと(生)クリーム

アイスクリームは牛乳等を原料とした空気を含む様に掻き混ぜ凍結させた乳固形分15%以上の乳製品で、生クリームは生乳等を原料とした乳脂肪分18%以上で添加物や植物性油脂を含まない乳製品です。


アイスクリーム

牛乳{(クリーム等の)乳製品,糖類,安定剤,乳化剤}等を原料とした、冷却しながら空気を含む様に掻き混ぜてクリーム状にして凍結させた(重量で)乳固形分15%以上で(内)乳脂肪分8%以上の菓子(−25℃以下で保管)で、風味が良く栄養価も高いです。
柔らかい(水分の50〜80%程度が凍結した状態で製品温度は−7〜−5℃)のは「ソフトクリーム」です。

アイスクリーム類は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」{乳等省令(厚生労働省)}で定められていて、乳・乳製品を主要原料として凍結させた、乳固形分3%以上を含む乳製品で、乳成分の量によってアイスクリーム,アイスミルク,ラクトアイスの3種類に分類されます。


* アイスミルク

乳固形分10%以上で(内)乳脂肪分3%以上で、植物性脂肪が配合されている製品もあります。ジェラート(イタリア語)はアイスミルクに分類されます。


* ラクトアイス

乳固形分3%以上で、植物性脂肪が多く使われています。


果汁等を凍らせたアイスキャンディーやシャーベット等は(「食品、添加物等の規格基準」により)氷菓で、アイスクリーム類とは別の一般食品です。

「アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約と公正競争規約施行規則」{一般社団法人日本アイスクリーム協会(自主規約):公正取引委員会の認定}では、ラクトアイス又は氷菓に「ミルク」若しくは「MILK」を用いた商品名(例:ミルクセーキ,氷ミルク)等の表示禁止等が定められています。


(生)クリーム

生乳(牛乳,特別牛乳)を原料とした乳脂肪分18%以上で、添加物(乳化剤、安定剤等)や植物性油脂を含まない、淡黄白色の濃厚な液体の乳製品で、乳脂肪独特の風味や酷があって香りや口溶けも良いですが高価で賞味期限は短いです。

クリーム類は乳等省令により、添加物の有無や脂肪の種類等によって、種類別「クリーム」と名称「乳又は乳製品を主要原料とする食品」の2つに分類されます。

名称「乳又は乳製品を主要原料とする食品」は添加物を加えた食品で、乳脂肪の物{添加物は分離し難くしたり保形性を良くする為で,味はクリームと変わらない,「フレッシュ」(生クリームを使用した)等という商品名で販売されている}、乳脂肪に植物性脂肪を混合した物(「コンパウンドクリーム」とも呼ばれている)、植物性脂肪だけの物{真っ白,軽くさっぱりした味,乳製品(乳蛋白等の乳成分)を加えている}の3種類あります。

用途により脂肪分の割合によって18〜30%位の物はコーヒー用(海外ではエバミルク等を使う事が一般的)、30〜50%位の物はホイップ用(製菓用)と異なります。

植物油脂を泡立てて、脂肪膜に空気(泡)が取り込まれた状態の商品が「ホイップ」という名前で販売されている事が多いです。
ホイップクリーム」(Whipped cream)は本来は「泡立てた生クリーム」の事です。

植物性脂肪(と乳脂肪混合した)のホイップ等にはヤシ油やパーム核油(パーム油)等が利用されていて、飽和脂肪酸(ラウリン酸 パルミチン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸等)が多く含まれています{オレイン酸(脂肪酸一価不飽和)が一番多く、多価不飽和脂肪酸のリノール酸やα-リノレン酸等も含まれます}。

サワークリームは生クリームを乳酸発酵させた発酵食品です。
乳脂肪分が55〜63%のクロテッドクリーム(イギリス)等もあります。
ウィンナコーヒーにはホイップクリームを入れます。

アイスクリームを略してクリームと言う事もあります。


ミルク・牛乳 関連: バターとマーガリン アイスクリームと(生)クリーム{ソフトクリーム,アイスミルク,ホイップ(クリーム)} 粉ミルクとクリープ{脱脂粉乳(スキムミルク),全粉乳,練乳(コンデンスミルク),クリーミングパウダー} コーヒーフレッシュと牛乳 豆乳と牛乳(低脂肪牛乳,成分調整牛乳,加工乳,乳飲料 等)


 
違いは? アイスクリームと(生)クリームの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較