キャラメルと生キャラメルの比較

キャラメルは砂糖,牛乳,生クリーム等を煮詰め冷やし固めて作る歯にくっつくような食感の柔らかいキャンディーで、カラメルは砂糖に水を加え加熱して作った粘性のある褐色の焼き砂糖でプリン等に用いられます。
生キャラメルはキャラメルより生クリーム等の分量を多くして作られたキャラメルです。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品

羊羹と水羊羹 善哉と汁粉 今川焼と銅鑼焼 大福と饅頭

クロワッサンとデニッシュ スコーンとマフィン パンケーキとホットケーキ クッキーとビスケット(,クラッカー) 御手洗(団子)と団子 御欠(,霰)と煎餅

ゼリーと寒天 チョコレートとホワイトチョコレート チョコレートと生チョコレート ココアとチョコレート キャラメルと生キャラメル アイスクリームと(生)クリーム コーヒーとインスタントコーヒー

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:外郎,回転焼き・大判焼き,餡ころ餅,牡丹餅・御萩,月餅,サブレ,ゼラチン,コラーゲン,ペクチン,カカオマス,カカオバター,カラメル,ソフトクリーム,アイスミルク,ラクトアイス,ホイップ(クリーム)


 飲料・酒(アルコール)



 



・菓子類,嗜好品: キャラメルと生キャラメル

キャラメルは砂糖,牛乳,生クリーム等を煮詰め冷やし固めて作る飴菓子で、生キャラメルは生クリーム等の量を多くして作ったキャラメルです。


キャラメル(caramel)

砂糖(水飴,蜂蜜)、牛乳練乳)、生クリームバター)等(を少々加える事もある)を(130度前後で)煮詰め(油脂や香料で風味を付け)冷やし固めて作る歯にくっつくような食感の柔らかいキャンディー[ソフトキャンディ]・飴菓子(小さく切って紙等で包む)です。


* カラメル(caramel)

砂糖等(糖類)に水を加えを約200度に加熱して作った粘性のある褐色のカラメル化(メイラード反応とは異なる)した液体・物質(焼き砂糖:香ばしい香りと甘味や弱い苦味がある)で、菓子{プリン等のカラメルソース(湯等を加え適度な濃度に調整)},飲料,酒類醤油ソース等の着色料(カラメル色素)や風味料(味付け料)として用いられます。


生キャラメル

キャラメルより生クリーム(バター)等の分量を多くして100度前後での加熱により作られ冷やし固めた柔らかく仕上げたキャラメル(常温で溶ける物もある)で、生が名に付く事で消費者に或る種の新鮮なイメージを与えます。花畑牧場(田中義剛)の商品で有名になりました。
コンデンスミルク(加糖の練乳)からでも簡単に生キャラメルを作れる様です。

不二家(練乳,砂糖,水飴等が原材料)のミルキーをちょっと思い出します。


 
違いは? キャラメルと生キャラメルの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較