捏ね(揚げ)と摘入の比較

捏ねは、手でこねて丸くするという意味で、魚の擂り身や鳥挽肉等に卵,片栗粉等を混ぜ合わせて肉団子や棒状にして揚げた食品で、捏ね煮や焼き鳥の捏ね等でも食べます。
摘入は、摘(つま)み切って(湯に)入れるからそう呼ばれていて、魚(鰯等)のすり身に卵,小麦粉,塩等を加えて混ぜ、摘(つま)み取って手やスプーン等で肉団子状にして湯に入れて茹でた物で、鍋の具や汁物の実にして食べます。
 


ホーム


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・食品・食料: 捏ね(揚げ)と摘入

捏ねは手でこねて丸くする事で、魚擂り身や鳥挽肉等に卵,片栗粉等を混ぜ合わ肉団子状等にして揚げた物で、焼き鳥の捏ね等でも食べます。
摘入は摘(つま)み入れる事で、魚(鰯等)のすり身に卵,小麦粉,塩等を加えて混ぜ、摘(つま)み取って肉団子状にして湯に入れ茹でた物で、鍋や汁物にして食べます。


捏ね(揚げ)

「捏ね(つくね)」は、捏(つく)ねる{:手で捏(こ)ねて丸くする}という意味からそう呼ばれていて、の擂り身鳥挽肉等に繋ぎの片栗粉等を加えて混ぜ合わせ肉団子や棒状にして揚げた食品で、煮物(捏ね煮)や鍋物等の料理でも食べます。

・捏ね焼き:捏ねを(揚げずに)焼いた料理で、焼き鳥の捏ね(繋ぎ無しも有る)等です。


摘入[抓入](つみれ)

「摘入」は、摘入れ{摘み入れる:摘(つま)み切って(湯に)入れる}からそう呼ばれていて、魚(鰯等)のすり身に卵,小麦粉等の繋ぎと等を加え調味して混ぜ、少しずつ指先で摘(つま)み取って手(親指と人差指)で肉団子状に搾り(又はスプーン等を使って適当な大きさに掬い団子状に成形して)熱湯で茹でた物で、鍋の具や汁物(摘入汁等)の実にして食べます。製品ではなく自家製なら生のまま直接鍋等に入れます。


魚肉(擂り身)関連: 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ


小麦粉等使用や揚げ料理 関連 関連: 捏ね(揚げ)と摘入 天麩羅と空揚げ(フリッター,竜田揚) カツとフライ(肉団子[ミートボール]) ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ ソテーとムニエル(,ピカタ)


 
違いは? 捏ね(揚げ)と摘入の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較