玉子と卵の比較

玉子は鶏卵を使った料理や食材としての鶏卵にも使います。語源は玉の様な子から「玉子」になった様です。
卵は生物学的な意味で用いますが、食用にする鶏卵等でも使う事もあります。昔は「かひご」等と呼ばれていた様で、卵は魚のたまご等を描いた象形文字です。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



・食品・食料: 玉子と卵

玉子は鶏卵を使った料理や食材としての鶏卵にも使います。卵は生物学的な意味で用いますが、食用にする鶏卵等でも使う事もあります。


玉子

玉子と言う漢字は鶏卵を使った料理や食材(食用,調理用)としての鶏卵(殻のある状態)にも使います(鶏の卵以外には用いない)。
語源は玉の様な子(玉の形をした子)「玉の子」から「玉子」になった様で、魂(たま:玉)の入った子と言う説もあります。

玉子酒,玉子豆腐,玉子料理,玉子綴じ,玉子丼,茹で玉子,煎(り)玉子[炒(り)玉子],玉子焼{寿司[鮨]屋等では玉(ぎょく)ですね}等です。

今では養鶏場で生産している玉子の殆どは孵化(ふか)しない無精卵ですが、有精卵を販売している所もあります。


卵と言う漢字は生物学的な意味で用いますが、食用にする(生の状態の)鶏卵等{鶉卵(うずらたまご)}でも使う事もあります。
昔は「かひご」{殻(かひ)の子:漢字では卵子・卵を用いた}と呼ばれていた様ですが、後に「卵」も「たまご」と呼ぶ様になったそうです{中国や日本の古書では「鶏子」(とりこ・けいし)という表記も見られる様です}。
卵は{ボラの卵巣(からすみ)}か蛙のたまごを描いた象形文字です。


魚の呼び方等でも生きている物は「うお」(魚市場等)で、料理や食材では「さかな」(肴・酒菜,魚屋等)と使い分けする事もありますね。


 
違いは? 玉子と卵の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較