マリネとカルパッチョの比較

マリネは魚や肉等を葡萄酒,酢,油,塩,香味野菜や香辛料等を混ぜた汁に漬け込み、柔らかくしたり風味を良くしたり保存したりするフランス料理の調理法です。
カルパッチョは「薄く切った生物」を意味し、元は生の牛肉の薄切りにマヨネーズベースの白いソースを網の目状に掛けたイタリア料理の名で、ソースの代わりにパルメザンチーズを掛けたり,素材に鮪等の魚介類を使った物もあります。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



・食品・食料: マリネとカルパッチョ

マリネは魚や肉等を葡萄酒,酢,油,香味野菜や香辛料等を混ぜた汁に漬け込み、柔らかくしたり保存したりする調理法です。
カルパッチョは薄切りにした生の牛肉や魚にソースやパルメザンチーズ等を掛けた料理で、画家カルパッチョに因んで名付けられました。


マリネ

(生や揚げたり焼いたりした)(スモークサーモンやニシン等)や等を葡萄酒レモン汁),(サラダオイル),香味野菜玉葱等)や香辛料等を混ぜた汁{調味液:マリネ液(marinade)}に漬け込み、柔らかくしたり風味を良くしたり保存したりする調理法{マリナード(仏)・マリネード(英)}で、その料理{フランス料理:saumon marine 等(「マリネ」は形容詞)}の事も言います。

南蛮漬もマリネの一種です。

「酢」関連: 三杯酢と二杯酢


カルパッチョ

「薄く切った生物」を意味し、元は生の牛(ヒレ)肉の薄切りにマヨネーズベースの(マスタードを混ぜた)白いソース[ホワイトソース]を網の目状に掛けた料理名で、ソースの代わりにパルメザンチーズ[パルミジャーノ・レッジャーノ]を掛けたり,素材に鯛や鮪(マグロ)等の魚介類を使った物(真鯛のカルパッチョ等,カルパッチョ風,刺身とも相通ずる)や,マリネされた物もあります。

ベネチア[ヴェネツィア]のハリーズ・バーのチプリアーニが考案した(一説,カルパッチョが好んだ料理だから名付けられたと言う説もある)イタリア料理(の前菜)で、ルネサンス期の画家カルパッチョ(赤と白の彩色が特徴の作品が多い)の名前に因んで名付けられました。


 
違いは? マリネとカルパッチョの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較