掛蕎麦と素饂飩の比較

掛蕎麦は丼に盛った蕎麦に熱い出し汁を掛けただけの蕎麦で、薬味に葱等を用いる事もあり、昔の「ぶっかけ蕎麦」から来ていて「かけ」とも言います。
素饂飩は具が入らないから言いますが、掛け饂飩と同じで、西日本の一部では素饂飩で東日本等では掛饂飩と呼ばれる事が多い様です。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



・食品・食料: 掛蕎麦と素饂飩

掛蕎麦は丼に盛った蕎麦に熱い出し汁を掛けただけの蕎麦で、素饂飩は具が入らないから言いますが掛饂飩と同じです。


掛蕎麦(かけそば)

丼に盛った蕎麦に熱い出し汁(そばつゆ)を掛けただけの蕎麦で、薬味に七味唐辛子以外にも等を用いる事もあります。昔の「ぶっかけ蕎麦」(つゆをぶっかける)から来ていて「かけ」とも言います。

蕎麦は「蕎麦掻き」と区別する為に「蕎麦切り」(江戸時代初期頃)と呼ばれ、汁を掛ける「ぶっかけ蕎麦」が元禄の頃から流行り(後に熱い汁をかけても食べるようになり「ぶっかけ」と区別する為に熱い汁のは「掛け蕎麦」と呼ばれるようになる)、江戸中期に笊に盛った「笊蕎麦」が生まれ、そして従来の汁に浸けて食べる「蕎麦切り」を「ぶっかけ蕎麦」と区別する為に「盛蕎麦」(汁に浸けて食べる蕎麦の総称で,「笊蕎麦」は笊に盛った「盛蕎麦」)と呼ぶようになりました。


そば関連: 白い蕎麦と黒い蕎麦,二八蕎麦と十割蕎麦 狐(うどん)と狸(蕎麦) 笊蕎麦と盛蕎麦


素饂飩(すうどん)

具が入らないから言いますが(葱や蒲鉾,天かす等を入れる事もある)、「掛け饂飩」と同じです。西日本(関西の一部大阪近県等)では素饂飩で、東日本等(関東他香川県等も)では掛饂飩と呼ばれる事が多い様です(同じ県内でも呼び方が違ったり,同じ地域でも一昔前と呼び方が違ったりする事もある様です)。
三杯酢等で食べる「酢うどん」と言うのもある様です。


* 掛饂飩

麺を茹で上げ冷水で締め温めて器に入れ、熱い出し汁(つゆ)を掛けただけの饂飩で、薬味に葱等を入れる事もあります。


* ぶっかけうどん

茹でた麺を器に盛り、具材や薬味を乗せ、少量の(濃い目の)だし汁[出汁・出し汁]や生醤油等をかけて食べます。
饂飩と汁[液](つゆ)は温かいのと冷たいのがあります(温かい麺の場合「釜揚げうどん」の様に釜から直接揚げた麺や「掛饂飩」の様に冷水で締めて温めた麺等がある)。 倉敷(岡山県)や香川県の「ぶっかけうどん」が有名です。


うどん関連: メリケン粉とうどん粉 素麺と冷麦 狐(うどん)と狸(蕎麦) カレー饂飩とカレー南蛮 棊子麺と饂飩


 
違いは? 掛蕎麦と素饂飩の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較