笊蕎麦と盛蕎麦の比較

笊蕎麦は笊や簀子に盛った蕎麦で、上に刻み海苔等を掛け、汁に浸けて食べます。
盛蕎麦は茹でた蕎麦を蒸籠等に盛って浸け汁で食べる物で、蒸籠蕎麦と呼ぶ店もあります。
蒸籠に盛っても海苔が掛かっていれば「ざる蕎麦」で、笊に盛っても海苔が掛かっていなければ「盛り蕎麦」と呼ぶ店が多い様です。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



・食品・食料: 笊蕎麦と盛蕎麦

笊蕎麦は笊や簀子に盛った蕎麦で、上に刻み海苔等を掛け、汁に浸けて食べます。
盛蕎麦は茹でた蕎麦を蒸籠等に盛って浸け汁で食べる物で、蒸籠蕎麦と呼ぶ店もあります。


笊蕎麦

笊(竹ざる)や簀子(竹すのこ)に盛った蕎麦で、上に(細く切った)刻み海苔(細かくした焼海苔:揉海苔 等)を掛け、汁(つゆ)に浸けて食べます。単に「ざる」とも言います。

笊蕎麦の発祥は江戸の深川にあった伊勢屋で、海苔を掛ける様になったのは明治以降です。


蒸籠に盛っても海苔が掛かっていれば「ざる蕎麦」で、笊に盛っても海苔が掛かっていなければ「盛り蕎麦」と呼ぶ店が多い様です(「せいろそば」と呼ぶ店もあります)。

笊蕎麦に一番出し{「ざるつゆ」と呼ばれる特別な濃い汁(少し甘め:昔貴重だった砂糖を使用)が作られたが今では殆どなくなってしまった}で、盛蕎麦に二番出し(味付けに味醂を使う事もあった)を用い{薬味(盛にはだけで,笊には山葵も付ける等)や蕎麦茹で時期(盛には茹であがっている蕎麦を盛リ,笊は注文を受けてから茹でて出す)等に差をつけ}て値段に差(出汁の原料に笊蕎麦には当時高級品だった昆布を使い盛蕎麦には鰹を使用したと言う話もあります)があったり、笊が「上」で盛が「並」とする考えもあります。


 * つけ蕎麦

笊等に盛って(ラーメン等のつけ麺の様に)温かい(鴨等のタネも煮た)つゆに浸けて食べる蕎麦です。


盛蕎麦

茹でた蕎麦を蒸籠(せいろ・せいろう)等に盛って浸け汁で食べる物で、「もり」とも呼称します(昔は皿に盛りつけ「皿盛り」でした)。
蒸籠等に盛り付けるので「せいろそば」・「せいろ」(昔は蕎麦を茹でずに蒸籠で蒸してそのまま出したそうです)と呼ぶ店もあります。

盛り蕎麦の「盛り」は、ぶっかけ蕎麦の「打っ掛け(ぶっかけ)」に対して呼ぶ様になったそうです。


* ぶっかけ蕎麦

汁を掛けた蕎麦(江戸時代の元禄の頃から流行っていた)で、今の「かけ蕎麦」の事です。「ぶっかけ」には冷たい蕎麦(冷やし蕎麦)の冷やしたぬき等もあります。



蕎麦は蕎麦切り(そばきり)の事で、蕎麦掻き(そばがき)と区別する為にそう呼ばれました。


* 蕎麦掻き

蕎麦粉に熱湯を入れる等(水を加えて加熱)し箸等で捏ねて(掻いて)餅状とした物で、醤油や汁を付けて食べます。「そばねり」とも言います。


そば関連: 白い蕎麦と黒い蕎麦,二八蕎麦と十割蕎麦 狐(うどん)と狸(蕎麦) 掛蕎麦と素饂飩


 
違いは? 笊蕎麦と盛蕎麦の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較