半片と薩摩揚げの比較

半片は魚の擂り身に山芋や澱粉等を加え、半月形や方形等に作って茹でたり蒸したりした白くてふわふわした食感の味があまり付いていない練り物です。
薩摩揚げは擂り身にした魚肉に食塩や砂糖,澱粉等を加え、丸形や角形等様々な形にして油で揚げた魚肉練り製品で、東日本では薩摩揚げ,西日本では天麩羅と呼ばれます。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



・食品・食料: 半片と薩摩揚げ

半片は魚の擂り身に山芋や澱粉等を加えて半月形や方形等に作って茹でたり蒸したりしたふわふわした食感の練り物です。
薩摩揚げは擂り身にした魚肉に食塩や砂糖,澱粉等を加えて丸形や角形等にして油で揚げた練り製品で、西日本では天麩羅と呼ばれます。


半片

スケトウダラ等)の擂り身に山芋や澱粉等(や出汁)を加え、半月形や方形等(四角や三角)に作って茹でたり蒸したりした白いふわふわした食感(薩摩揚げより軟らかい)の味が殆ど付いていない練り物で、半平,半弁,鱧餅等の漢字も当てられり、はんぺい,はんべん,はべん等とも言われます。

駿河国(静岡)の料理人半平が作ったので半平とか、お椀の蓋で半円形にかたどって作られたので半片と言われる様になったという説等があります。

静岡では鰯を骨ごと擂り潰して茹でた(ふわふわではない)(黒)はんぺんです。

最近はチーズやカレー明太子等の入った半片をよく買います。


薩摩揚げ(さつま揚げ)

擂り身にした魚肉に、食塩砂糖,澱粉等を加え、丸形や角形等様々な形にして油で揚げた魚肉練り製品で、人参の細切りや笹掻き牛蒡(笹の葉の様に薄く細かく削った牛蒡)等を混ぜる場合もあります。

東日本では「薩摩のつけ揚げ」(元は沖縄の揚げかまぼこのチギアギ)から薩摩揚げ(小判型に整形し揚げた甘い味の練り物)と呼び、西日本(北海道)では「天麩羅(てんぷら)」と呼ばれます。

揚げた練り物は「天ぷら」と呼ぶ事も多く、形状により「丸天」,「角天」,「平天」、混ぜ込む具材により「いか天」,「ごぼ天(ごぼう天)」,「しょうが天」,「野菜天」等様々な名称がついています。

愛知等(中部地方)や広島では魚のすり身を油で揚げた物(茶色)を「(揚)はんぺん」・「揚半(あげはん)」とも言います。

「揚かまぼこ」と呼ぶ地域{東北地方(仙台)}もあります。


* 蒲鉾

白身魚の擂り身に卵白や調味料を混ぜて捏ねた物を板に盛ったり(巻き寿司の様に)簀巻にし、蒸したり焼いたりした練り製品で、昔は竹串等を芯として筒形に作った竹輪蒲鉾で、形が蒲(がま:「ガマの花の穂」の事を蒲鉾とも言う)の花穂に似ていたから蒲鉾と言います。


魚肉(擂り身)関連: 捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩


 
違いは? 半片と薩摩揚げの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較