竹輪と竹輪麩の比較

竹輪は魚肉をすって澱粉や塩を入れて練り、竹や真鍮等の串に塗り付けて棒状にし、焼いたり蒸した練り製品で、串を抜くと筒状になり切口が竹の輪切りに似ているから竹輪と言われます。
竹輪麩は小麦粉に水や塩を合せて練った物を竹や金属の棒等に巻きつけ成形して蒸し、竹輪の形に似せて製した生麩の一種で、関東等でおでん種等として用いられます。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



・食品・食料: 竹輪と竹輪麩

竹輪は魚肉をすって澱粉や塩を入れて練って串に塗り付けて棒状にして焼いたり蒸した練り製品で、竹輪麩は小麦粉に水や塩を合せて練った物を棒等に巻きつけ成形し蒸して竹輪の形に似せて製した生麩の一種です。


竹輪

肉(スケトウダラ[スケソウダラ]等の白身の魚)をすって澱粉を入れて練り、竹や真鍮(しんちゅう)等の金属の串に塗り付けて棒状にし、あぶり(焼く)又は蒸した食品(練り製品)で、串を抜くと筒状になり、切口が竹の輪切りに似ているから竹輪(昔は板蒲鉾・板付蒲鉾[蒲鉾]に対し竹輪蒲鉾)と言われます。


魚肉(擂り身)関連: 捏ね(揚げ)と摘入 半片と薩摩揚げ


竹輪麩(ちくわぶ)

小麦粉(グルテンの多い硬質小麦粉)(,塩)を合せて練った物を竹や金属の棒等に巻きつけ成形して加熱し(蒸し)、竹輪の形に似せて製した食品(生麩の一種)で、味は殆どありませんが液(つゆ)の味を吸うので関東等でおでん種等として用いられます。

以前は竹輪の代用品にされていた様です。
一般的なサイズの竹輪よりは竹輪麩の方が大きいです。


もちもちした食感は水団(すいとん:小麦粉を水で捏ねた団子)の様で、御田(おでん)の具材として食べてみましたけれど西日本の人としては美味いとは思いませんでした。

断面は丸状で、その縁には歯車や鳴門巻の様にギザギザ(鳴門巻の方が多い)があり中心には穴が開いています。


*

小麦粉から取り出したグルテン(蛋白質,水溶液は粘性がある)を主材料とする食品で、生麩と焼麩があります。


 
違いは? 竹輪と竹輪麩の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較