大阪風お好み焼と広島風お好み焼の比較

大阪風お好み焼は小麦粉を出し汁で溶いた生地に山芋を混ぜ込み、具の烏賊等の魚介類や豚肉,キャベツ等と卵をよく混ぜて、広げずに分厚くまとめて鉄板で焼き、引っ繰り返してソースを塗り、鰹節,青海苔を振り掛けます。
広島風お好み焼は小麦粉を水で溶いた生地を鉄板上で薄くのばした上に千切りキャベツ,もやしを重ね、具の豚ばら肉等を載せ、引っ繰り返し、炒めて置いた焼きそば上に載せ、更に焼いた玉子に重ね、もう一度引っ繰り返し、ソースを塗り,青海苔等を振ります。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



・食品・食料: 大阪風お好み焼と広島風お好み焼

大阪風お好み焼は小麦粉を出し汁で溶いた生地に山芋を混ぜ込み、具の烏賊や豚肉,キャベツ等と卵を混ぜて、分厚くまとめて鉄板で焼きます。
広島風お好み焼は小麦粉を水で溶いた生地を鉄板上で薄くのばした上に千切りキャベツ,もやし,豚肉等を載せ、焼きそば,焼いた玉子に重ねます。


大阪風お好み焼[関西風お好み焼き]

小麦粉や出し[出し汁]で溶いた生地に山芋を混ぜ込み、具の烏賊,天かす(揚げ玉)や紅生姜,細かく刻んだキャベツと卵をよく混ぜて、広げずに分厚くまとめて鉄板で焼き(混ぜ焼き)、片面が焼けてきたら大型のこて[へら]を2本使って引っ繰り返して反対側の面(裏面)を焼きます。仕上げに表面にソースを塗り、鰹節,青海苔を振り掛けます、マヨネーズもよく使います。小型のこて[へら]で切り分けて食べたり,箸でも食べます。
「イカ玉」の他に「豚玉」(薄切り肉を最後に上に並べて焼く時はもう一回引っ繰り返す、細切り肉にして混ぜる場合もある)や「ミックス」等があります。
具材には蝦(えび)や等もよく使いますし、帆立の貝柱や牛肉等も用いられます。ソースはお好み焼き用ソースやウスターソース,豚カツソース等も使用されます。

モダン焼き:関西風お好み焼きの一種で、お好み焼きの具材に焼きそば用の麺を混ぜて焼いた物や、片面を焼いたお好み焼きの上に炒めた焼きそばを広げる様に乗せ重ね,生地を掛け,引っ繰り返して焼いて仕上げる物があります。麺にうどんを使う場合もあります。


広島風お好み焼

小麦粉を水で溶いた生地を鉄板上でお玉(杓子)を使って薄くのばした上に千切りキャベツ,もやしを重ね、鰹粉(削り節粉),天かす,葱(,塩,胡椒)を振り、具の豚ばら肉のスライスや烏賊天等を載せ、つなぎの生地を少しかけて引っ繰り返し、横でソース等で炒め広げて置いた焼きそば用麺[うどん]の上に載せ、更に別に黄身も潰して広げて焼いた玉子に重ね、もう一度引っ繰り返し、ソースを塗り,青海苔等を振ります。「肉玉そば[うどん]入り」や「そば[うどん]の肉玉」等です。小型のへらで切り分けて食べます。


 
違いは? 大阪風お好み焼と広島風お好み焼の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較