食品・食料の比較

素麺と冷麦、冷し中華と冷麺、水餃子と雲呑、焼売と小籠包、ナポリタンとイタリアン、狐(うどん)と狸(蕎麦)、捏ね(揚げ)と摘入、(お)粥と雑炊[おじや]、天麩羅と空揚げ、カツとフライ、カレーとドライカレー、炒飯(焼飯)とピラフ、 大阪風お好み焼と広島風お好み焼、クリームシチューとホワイトシチュー、リゾットとパエリア、ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ、竹輪と竹輪麩、半片と薩摩揚げ、カレー饂飩とカレー南蛮、笊蕎麦と盛蕎麦、掛蕎麦と素饂飩、マリネとカルパッチョ、和え物と膾・鱠、寿司と鮨・鮓、玉子と卵、ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー)、棊子麺と饂飩
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料

素麺と冷麦 冷し中華と冷麺 狐(うどん)と狸(蕎麦) ナポリタンとイタリアン カレー饂飩とカレー南蛮 笊蕎麦と盛蕎麦 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩

捏ね(揚げ)と摘入 竹輪と竹輪麩 半片と薩摩揚げ

水餃子と雲呑 焼売と小籠包 大阪風お好み焼と広島風お好み焼 天麩羅と空揚げ カツとフライ ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

(お)粥と雑炊[おじや] 炒飯(焼飯)とピラフ カレーとドライカレー リゾットとパエリア ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー) クリームシチューとホワイトシチュー

マリネとカルパッチョ 和え物と膾・鱠 寿司と鮨・鮓 玉子と卵

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:煮麺[入麺],中華そば[ラーメン],冷やしラーメン, 南蛮(煮),つけ蕎麦,ぶっかけ蕎麦,蕎麦掻き,掛饂飩,ぶっかけうどん,,蒲鉾,餃子,点心,あんまん,豚まん[肉まん],飲茶,包子,モダン焼き,フリッター,竜田揚,肉団子[ミートボール],キーマカレー,南蛮漬,酢の物,御浸し,馴鮨・熟鮨[なれ寿司],押鮨[押し寿司],ひもかわ(紐皮饂飩) 異なる項目に掲載の簡易説明品目:ピクルス


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・食品・食料:


素麺と冷麦

冷麦は細いうどん、素麺は更に細い手延べ麺。


冷し中華と冷麺

冷し中華は中華そばに酢醤油ベースの垂れを掛けた麺、冷麺は蕎麦粉に芋澱粉等を加えた麺に冷たい牛骨汁を掛けた朝鮮半島の麺。


水餃子と雲呑

餃子と雲呑は元々は同じ具を皮で包む料理で、北に広まったのが餃子、南に広まったのが雲呑です。


焼売と小籠包

焼売は挽肉に微塵切りにした野菜等を混ぜ、塩,胡椒,砂糖等で味付けし、小麦粉の薄い四角形の皮で円柱形状等に包み、蒸籠等で蒸した点心の一つです。
小籠包は豚挽肉,椎茸,生姜等に、醤油,ごま油等の調味した餡に、豚皮等の煮凝り等を入れ、薄い円形の小麦粉の皮で包んで、蒸籠で蒸した点心で、噛んだ時に肉汁が出てくる小さい中華まんです。


ナポリタンとイタリアン

ナポリタンはトマトケチャップ味のスパゲティで、野菜やハム等を材料にし、好みに依ってタバスコや粉チーズを掛けて食べます。イタリアンは西日本で呼ばれ、基本的には東日本のナポリタンと同じです。


狐(うどん)と狸(蕎麦)

狐うどんは油揚げの入ったうどんで、 狸蕎麦は天かす(関西では油揚げ)の入った蕎麦です。


捏ね(揚げ)と摘入

捏ねは手でこねて丸くする事で、魚擂り身や鳥挽肉等に卵,片栗粉等を混ぜ合わ肉団子状等にして揚げた物で、焼き鳥の捏ね等でも食べます。
摘入は摘(つま)み入れる事で、魚(鰯等)のすり身に卵,小麦粉,塩等を加えて混ぜ、摘(つま)み取って肉団子状にして湯に入れ茹でた物で、鍋や汁物にして食べます。


(お)粥と雑炊[おじや]

お粥は水を多目にして米を炊いた物で、水の割合によって三分粥位や全粥等があります。雑炊は御飯に出汁と具を入れて煮込んだ物や、鍋の残り汁で御飯を煮た物で、水気の少ないおじや等もあります。


天麩羅と空揚げ

天麩羅は魚介類や野菜等に水で溶いた小麦粉(と卵)の衣を着けて油で揚げた衣がサクサクした料理で、海老の天婦羅や掻き揚げ等で、空揚げは鶏肉や小魚等を(衣を着けない)素揚げにしたり(下味を付け)小麦粉や片栗粉を塗して油で揚げた料理です。


カツとフライ

カツはポークやチキン等の肉の切り身に小麦粉,溶き卵,パン粉の衣を着けて油で揚げた料理で、素材が魚介や野菜等なのはフライです。


カレーとドライカレー

カレーは玉葱,人参,ジャガ芋等の野菜と牛肉等を煮込んだ材料に混合香辛料やカレールーで風味を付けたカレーソースをライスに懸けた料理で、ドライカレーは玉葱等の微塵切り野菜と挽肉を炒めた材料にカレー粉等で風味を付けた具をライスに添えた物やカレー炒飯等の汁気のないカレーです。


炒飯(焼飯)とピラフ

炒飯は卵と御飯に焼き豚や葱等を入れて炒めた中華料理で、焼飯も同様の炒め御飯です。
ピラフは米をバター等で炒め、肉,野菜等を加えたスープで炊いた炊込み御飯です。


大阪風お好み焼と広島風お好み焼

大阪風お好み焼は小麦粉を出し汁で溶いた生地に山芋を混ぜ込み、具の烏賊や豚肉,キャベツ等と卵を混ぜて、分厚くまとめて鉄板で焼きます。
広島風お好み焼は小麦粉を水で溶いた生地を鉄板上で薄くのばした上に千切りキャベツ,もやし,豚肉等を載せ、焼きそば,焼いた玉子に重ねます。


クリームシチューとホワイトシチュー

クリームシチューは野菜や肉等等に出汁やホワイトソース(クリームソース)を加え煮込むシチューで、ホワイトシチューはブラウンソースを使ったビーフシチュー等に対してホワイトソースを使うので言います。


リゾットとパエリア

リゾットは鍋にバター等で玉葱等を炒め、生米を入れて白ワインや出し汁に野菜や魚介等も加え煮立てて米に芯が残った状態にし、粉チーズを散らしたお粥の様なイタリア料理です。
パエリアはパエリア鍋を使ってオリーブオイルで魚介類や野菜を炒めて、米と水にサフランを入れて炊くペイン料理です。


ミンチカツ[メンチカツ]とコロッケ

ミンチカツは挽肉に微塵切りした玉葱を加えて小判形にまとめ衣を付けて揚げた料理で、関西はミンチカツで関東ではメンチカツです。
コロッケは調理した挽肉等に茹でて潰したジャガ芋やホワイトソースを混ぜ合せて小判形や俵形にまとめ衣を付けて揚げた料理です。


竹輪と竹輪麩

竹輪は魚肉をすって澱粉や塩を入れて練って串に塗り付けて棒状にして焼いたり蒸した練り製品で、竹輪麩は小麦粉に水や塩を合せて練った物を棒等に巻きつけ成形し蒸して竹輪の形に似せて製した生麩の一種です。


半片と薩摩揚げ

半片は魚の擂り身に山芋や澱粉等を加えて半月形や方形等に作って茹でたり蒸したりしたふわふわした食感の練り物です。
薩摩揚げは擂り身にした魚肉に食塩や砂糖,澱粉等を加えて丸形や角形等にして油で揚げた練り製品で、西日本では天麩羅と呼ばれます。


カレー饂飩とカレー南蛮

カレー饂飩はつゆにカレー粉を加え片栗粉等でとろみをつけた和風カレーの饂飩で、玉葱を野菜の具材に使用し、カレー南蛮には葱を使います。


笊蕎麦と盛蕎麦

笊蕎麦は笊や簀子に盛った蕎麦で、上に刻み海苔等を掛け、汁に浸けて食べます。
盛蕎麦は茹でた蕎麦を蒸籠等に盛って浸け汁で食べる物で、蒸籠蕎麦と呼ぶ店もあります。


掛蕎麦と素饂飩

掛蕎麦は丼に盛った蕎麦に熱い出し汁を掛けただけの蕎麦で、素饂飩は具が入らないから言いますが掛饂飩と同じです。


マリネとカルパッチョ

マリネは魚や肉等を葡萄酒,酢,油,香味野菜や香辛料等を混ぜた汁に漬け込み、柔らかくしたり保存したりする調理法です。
カルパッチョは薄切りにした生の牛肉や魚にソースやパルメザンチーズ等を掛けた料理で、画家カルパッチョに因んで名付けられました。


和え物と膾・鱠

野菜等や魚介類を数種切って酢を使って和えた和え物や酢に浸したりした膾・鱠も酢の物の類です。


寿司と鮨・鮓

寿司は江戸時代中期頃から使われ、一番多く用いられています。中国で昔は鮨は魚の塩辛で鮓は魚の漬物だった様で、関東は鮨を関西では鮓を使う処が多い様ですが明確な使い分けは無い様です。


玉子と卵

玉子は鶏卵を使った料理や食材としての鶏卵にも使います。卵は生物学的な意味で用いますが、食用にする鶏卵等でも使う事もあります。


ハヤシライスとハッシュドビーフ(,ビーフストロガノフ,ビーフシチュー)

ハッシュドビーフは薄切りした牛肉と玉葱等を炒めデミグラスソース等を絡めた料理で、ハヤシライスはハッシュドビーフをライスに掛けた料理です。


棊子麺と饂飩

きし麺は幅4.5mm以上厚さ2.0mm未満の帯状で、饂飩は長径が1.7mm以上で、小麦粉を使った麺です。


 

 


 
違いは? 食品・食料の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較