大葉と紫蘇の比較

大葉は青紫蘇の葉で、刺身の妻や天麩羅,寿司等の料理に用いたり、香りが良いので刻んで薬味等にしますが、大葉は商品名から広まった様です。 紫蘇はシソ科の一年草の赤紫蘇等で、葉の紫色は梅干を漬ける時や紅生姜の着色等にも用いますし、赤紫蘇ジュース等もあります。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)

白葱と葉葱[青葱] 玉葱と新玉(葱) キャベツと春キャベツ リーフレタスとサニーレタス ピーマンとパプリカ ブロッコリーとカリフラワー 貝割れとブロッコリースプラウト 大葉と紫蘇 枝豆(茶豆)と大豆 ホワイトアスパラとグリーンアスパラ(アスパラガス) ズッキーニと胡瓜 日本南瓜と西洋カボチャ

夏蜜柑(,甘夏)と八朔 橙と蜜柑 かぼすと酢橘 柿と渋柿 梨と二十世紀 陸奥とサン陸奥 ブルーベリーと葡萄

野菜と果物(果菜) 緑黄色野菜と淡色野菜 早生等と春蒔き等 荒布と鹿尾菜 海藻と海草 ジャガ芋と新ジャガ(芋) 山芋と長芋 榎茸と滑茸(,滑子) 本占地とぶなしめじ スイートコーンとヤングコーン



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・野菜・果物等(植物): 大葉と紫蘇

大葉は青紫蘇の葉で、刺身の妻,寿司等の料理、刻んで薬味等にしますが、大葉は商品名から広まった様です。紫蘇はシソ科の一年草で、葉の紫色は梅干を漬ける時の着色等にも用いますし、赤紫蘇酒等もあります。


大葉

青紫蘇の若葉で、刺身の妻(つま:刺身に添える野菜海藻等)や天麩羅,寿司等の料理に用いたりサラダや和え物等にも使われますし、香りが良いので刻んで薬味にしたり鱈子 スパゲティ等にも用いられます。大葉は商品名から広まった様です。

青紫蘇:紫蘇の一変種で葉や茎は緑色で、葉や果実は食用です。葉から取れる精油を使った青じそドレッシングや実(穂紫蘇)の佃煮も作られています。


薬効成分が多いのは赤紫蘇で、栄養価が高いのは青紫蘇です。赤紫蘇(生で日持ちしない)が出回るのは梅干を漬ける6月頃だけで、青紫蘇は年中スーパーにあります。


紫蘇

シソ科の一年草の赤紫蘇等で、香りの良い葉や果実は食用,香味等に用いられ、葉の紫色は梅干を漬ける色素として使われたり、紅生姜,茗荷(みょうが)や柴漬の着色等にも用いますし、赤紫蘇や赤紫蘇ジュース等もあります。


* しそジュース

アントシアニン{シソニン(赤しそ),強力な抗酸化作用のあるポリフェノールの一種,青紫色の色素成分}が豊富で疲れ目や視力の回復に役割を果たし、
紫蘇(油)に含まれるα-リノレン酸{体中でエイコサペンタエン酸[イコサペンタエン酸]に変化(血液をサラサラにする作用がある)}やルテオリンは(アトピー性皮膚炎や花粉症等の)アレルギー予防や症状の緩和に効果があり、
ペリルアルデヒド(香り成分:青紫蘇や赤紫蘇にも含まれる)には殺菌・防腐効果があり食欲増進や胃腸の健康にも働きます。
他にもビタミン等やミネラルのβ-カロテン

(抗酸化作用が強い)、ビタミンC(鉄の吸収を補助)、カルシウム、カリウム(利尿作用や発汗を促す)や鉄分等も豊富に含まれています。

紫蘇に含まれるロズマリン酸(ポリフェノールの一種)は血糖値の上昇を抑え(糖の消化や吸収を抑制)ダイエット(シソ酢ダイエット)効果があります(花粉症等のアレルギーの改善にも有効)。

しそジュースは、沸騰した水(湯)で煮出した赤しそ等に砂糖とレモン汁{や酢等のクエン酸(乳酸等を分解し疲労回復)}を加えて作ります。青しそジュースは黄色っぽくなります。牛乳に混ぜれば飲むヨーグルトの様にもなります。


野菜・果物等(植物)の『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:加賀ねぎ,千住ねぎ,長葱,細葱,九条葱,万能葱,分葱,紫キャベツ,芽キャベツ,新キャベツ,グリーンリーフ,サラダ菜,サンチュ,唐辛子,カラーピーマン,獅子唐,赤唐辛子,鷹の爪,ベル型ピーマン,ケール,スプラウト,だだちゃ豆,独活,ペポカボチャ,パンプキン,マーマレード,文旦(ザボン),オレンジ,柑橘類,レモン,柚,ライム,乾柿,ラフランス(西洋梨[洋梨]),ゴールデンデリシャス,印度,ふじ,つがる,ビルベリー,草本,果菜根菜等,一年草,多年草,果実,苺,パイナップル[パイン],イチジク,バナナ,雌雄異花,単為結果,リコペン,クロロフィル,アントシアニン,緑藻,褐藻,紅藻,馬鈴薯,男爵,メークイン,捏芋,銀杏芋,大和芋,薯蕷芋,滑子,ポップコーン,トルティーヤ,タコス

 
違いは? 大葉と紫蘇の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較