ブロッコリーとカリフラワーの比較

ブロッコリーもカリフラワーもアブラナ科の野菜で、キャベツの原種のケールから蕾の部分が肥大化した品種です。ブロッコリーは食用にする花蕾が側枝にもあるものがあり、栄養的には優っていますが、鮮度が落ち易いです。カリフラワーの白い蕾は未発達な状態ですが、固く締まっています。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)

白葱と葉葱[青葱] 玉葱と新玉(葱) キャベツと春キャベツ リーフレタスとサニーレタス ピーマンとパプリカ ブロッコリーとカリフラワー 貝割れとブロッコリースプラウト 大葉と紫蘇 枝豆(茶豆)と大豆 ホワイトアスパラとグリーンアスパラ(アスパラガス) ズッキーニと胡瓜 日本南瓜と西洋カボチャ

夏蜜柑(,甘夏)と八朔 橙と蜜柑 かぼすと酢橘 柿と渋柿 梨と二十世紀 陸奥とサン陸奥 ブルーベリーと葡萄

野菜と果物(果菜) 緑黄色野菜と淡色野菜 早生等と春蒔き等 荒布と鹿尾菜 海藻と海草 ジャガ芋と新ジャガ(芋) 山芋と長芋 榎茸と滑茸(,滑子) 本占地とぶなしめじ スイートコーンとヤングコーン



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・野菜・果物等(植物): ブロッコリーとカリフラワー

ブロッコリーもカリフラワーもケールから蕾の部分が肥大化したキャベツの一変種で、ブロッコリーは食用にする花蕾が側枝にもあるものがあり栄養的には優っていて、カリフラワーの白い蕾は未発達な状態で固く締まっています。


ブロッコリー

アブラナ科の野菜で、ケール(不結球性,キャベツの原種:青汁の原料等)から蕾の部分が肥大化した品種で、食用にする花蕾{頂花蕾(ちょうからい)}は緑色で側枝にも側花蕾のあるのがあります。
花蕾が白色種や紫色種等のブロッコリーもあり、カリフラワー(ブロッコリーの突然変異と考えられている)の原形で、ミドリハナヤサイ(緑花野菜),メハナヤサイ(芽花野菜[芽花椰菜])等とも言われます。

緑黄色野菜のブロッコリーの方が栄養的(ビタミンCカロテン他)にはカリフラワーより優っていますが、鮮度が落ちやすく黄色く変色し易いです。


[小房に分け,沸騰したお湯に1〜2%位の塩{下味(薄い塩味)を付ける為,緑色を鮮やかにする効果:ナトリウムがブロッコリーの緑の成分の葉緑素(クロロフィル)の流出を防ぐ,沸点が上がり早く調理ができる,繊維を柔らかくする}を入れ]茹でて{2〜3分位(電子レンジならラップをして約3分),ビタミンC(水溶性ビタミン)の流出を防ぐには短時間で硬めに,茎は少し皮を剥いて拍子木切り(四角柱:長さ4〜5cm,幅1cm位)や短冊切り(拍子木切りより薄い)にして食べられる}マヨネーズやドレッシング等の調味料を付けて食べたり、シチューやグラタンの具、天ぷら、炒め物にもします。
ビタミンC、ビタミンB郡、カロチン[カロテン](体内で代謝されてビタミンAになる,カリーフラワーにはない)やカリウム、鉄分、カルシウム等の栄養素を豊富に含みます。
名前は brocco(ラテン語,意味は萌芽)に由来します。
スルフォラファンはブロッコリー(ブロッコリースプラウト),カリフラワー,キャベツ等に含まれ、がん予防効果やピロリ菌抑制効果等があると言われています。
選ぶ時は黄色く変色している物は避けます。ブロッコリーも成長を続けるとアブラナに似た黄色の花をつけます。


カリフラワー

キャベツの一変種ですが、キャベツの様には葉は結球せず[葉球を結ばず]に、中心部に大きな扁球状(楕円の回転軸が短軸の時の回転楕円体状の碁石やマーブルチョコレートの様な形状)に固まった白色の未発達(未収穫で放置しても全ては花にならない)な肥厚した蕾(頂花蕾)を食べるアブラナ科の花菜[花蕾菜(からいさい)]で、花キャベツ[花甘藍(はなかんらん),花椰菜(はなやさい)]等とも言われます。


丸ごと{酢(5%位)又はレモン汁や小麦粉(黒ずむのを防ぐ・漂白効果),塩を入れた}湯で茹でます(2〜4分位:短時間でも余熱で軟らかくなる,後で小房に切り分ける)。歯応えがあり癖のない味です。サラダ等様々な料理で食べます。
ビタミンC(ブロッコリーより水への流出が少ない)、ビタミンB郡(ブロッコリーより多い成分もある)、カリウム等の栄養素を含みます。淡色野菜です。
名前は kale flower [cole flower] (ケール・キャベツ類の花)に由来します。
オレンジ(βカロテンが含まれる)や紫(アントシアニンが含まれる)等の花蕾を付ける品種もあります。
白さを保つ為に、収穫前に葉をまとめて花蕾を覆い日射を遮ります。
選ぶ時は蕾が開いている物は避けます。



地中海沿岸のヨーロッパ原産の、野生ケールの花茎の肥厚した野菜(16世紀頃まではブロッコリーとカリフラワーの区別がなかった)が伝播した北欧では、夏に栽培したのを「サマーカリフラワー」,晩生で越冬し春に蕾ができるのを「ウィンターカリフラワー」や「ブロッコリー」と呼んだ様です。

ブロッコリーもカリフラワーも早生種,中生種,晩生種等(春蒔き,夏蒔き,秋蒔き等)があり、ほぼ通年出回っています。

蕾が柔らかいブロッコリーは茎を下にして茹で、蕾が固くしまっているカリフラワーは茎を上にして茹でます。

戦前はカリーフラワーがよく食べられていました。ブロッコリーの名が農林水産統計表に記載される様になったのは1964年からです。今ではブロッコリーの生産量の方が多いです。


野菜・果物等(植物)の『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:加賀ねぎ,千住ねぎ,長葱,細葱,九条葱,万能葱,分葱,紫キャベツ,芽キャベツ,新キャベツ,グリーンリーフ,サラダ菜,サンチュ,唐辛子,カラーピーマン,獅子唐,赤唐辛子,鷹の爪,ベル型ピーマン,ケール,スプラウト,だだちゃ豆,独活,ペポカボチャ,パンプキン,マーマレード,文旦(ザボン),オレンジ,柑橘類,レモン,柚,ライム,乾柿,ラフランス(西洋梨[洋梨]),ゴールデンデリシャス,印度,ふじ,つがる,ビルベリー,草本,果菜根菜等,一年草,多年草,果実,苺,パイナップル[パイン],イチジク,バナナ,雌雄異花,単為結果,リコペン,クロロフィル,アントシアニン,緑藻,褐藻,紅藻,馬鈴薯,男爵,メークイン,捏芋,銀杏芋,大和芋,薯蕷芋,滑子,ポップコーン,トルティーヤ,タコス

 
違いは? ブロッコリーとカリフラワーの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較