荒布(あらめ)と鹿尾菜(ひじき)の比較

あらめは褐藻類コンブ科の海藻で、主には伊勢志摩地方で採れ、海藻の外観は若布に似ていますが、製品はひじきと同じようで、調理も同様にでき歯ごたえがあります。
ひじきも山菜ではなく褐藻類ホンダワラ科の海藻で、昆布や若布と同様に昔から食用にされてきました。芽ひじき(葉に当たる部分)と長ひじき(茎の部分)があり、生時は黄褐色で、乾燥して黒褐色なります。柔らかい食感が特徴で、瀬戸内産が多いです。
 


ホーム


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)

白葱と葉葱[青葱] 玉葱と新玉(葱) キャベツと春キャベツ リーフレタスとサニーレタス ピーマンとパプリカ ブロッコリーとカリフラワー 貝割れとブロッコリースプラウト 大葉と紫蘇 枝豆(茶豆)と大豆 ホワイトアスパラとグリーンアスパラ(アスパラガス) ズッキーニと胡瓜 日本南瓜と西洋カボチャ

夏蜜柑(,甘夏)と八朔 橙と蜜柑 かぼすと酢橘 柿と渋柿 梨と二十世紀 陸奥とサン陸奥 ブルーベリーと葡萄

野菜と果物(果菜) 緑黄色野菜と淡色野菜 早生等と春蒔き等 荒布と鹿尾菜 海藻と海草 ジャガ芋と新ジャガ(芋) 山芋と長芋 榎茸と滑茸(,滑子) 本占地とぶなしめじ スイートコーンとヤングコーン



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・野菜・果物等(植物): 荒布(あらめ)と鹿尾菜(ひじき)

あらめは褐藻類コンブ科の海藻で、海藻の外観は若布(わかめ)に似ていますが、製品はひじきと同じように調理ができ歯ごたえがあります。
ひじきは褐藻類ホンダワラ科の海藻で、芽ひじき(葉に当たる部分)と長ひじき(茎の部分)があり、生時は黄褐色で、乾燥して黒褐色なります。柔らかい食感が特徴です。


荒布(あらめ)

褐藻類コンブ科の多年生海藻(製品は二年物等)で、円柱状の茎の上端はやや扁平で左右に分れ、更に叉状(交差した状態)に分岐して葉になります。全長は1メートル余りで、波の荒い外洋の低潮線(低潮時の水位の線⇔高潮線)以下に生じます。養殖は出来ず、主には伊勢志摩地方で採れます。
海藻の外観は若布(わかめ)に似ていますが、食用にする製品は原藻を(天日乾燥し)蒸らし,細かく裁断し,(葉の柔らかい部分を)乾燥させた物で、ひじきと同じように調理ができ(短時間で戻り)、歯ごたえがあります。栄養面ではひじきや若布等と同様に鉄分やカルシウム,食物繊維等が豊富です。
食用以外に肥料やアルギン酸の原料にもなります。

荒布と混同され易い搗布(かじめ)[野呂搗布]は葉(革質で暗褐色)が羽状に裂けた別種で、ヨード製造等にも用いられます。

* 海藻には褐藻の他に緑藻,紅藻があります。


鹿尾菜・羊栖菜(ひじき)

山菜ではなく海産の褐藻類ホンダワラ科の海藻で、円柱状で数回分枝します。やや波の荒い海岸の浅い岩石に付着し、若い間に採取して食用にします。昆布や若布と同様に昔から食用にされてきました。瀬戸内での生産量が高いです。
原藻は収穫後の天日乾燥し(すぐに素干ししないと腐ってしまう),水戻し,蒸煮して蒸らし,乾燥させた物で、葉に当たる部分が「芽ひじき」(米の形に似ている事から「米ひじき」とも呼ばれる)で、茎の部分が「長ひじき」です。生時は黄褐色で、乾燥して黒褐色の食品素材になります。
組織が柔らかいので味が染み込み易く柔らかい食感が特徴で、栄養面では食物繊維にミネラルや各種ビタミン等に富みます。


野菜・果物等(植物)の『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:加賀ねぎ,千住ねぎ,長葱,細葱,九条葱,万能葱,分葱,紫キャベツ,芽キャベツ,新キャベツ,グリーンリーフ,サラダ菜,サンチュ,唐辛子,カラーピーマン,獅子唐,赤唐辛子,鷹の爪,ベル型ピーマン,ケール,スプラウト,だだちゃ豆,独活,ペポカボチャ,パンプキン,マーマレード,文旦(ザボン),オレンジ,柑橘類,レモン,柚,ライム,乾柿,ラフランス(西洋梨[洋梨]),ゴールデンデリシャス,印度,ふじ,つがる,ビルベリー,草本,果菜根菜等,一年草,多年草,果実,苺,パイナップル[パイン],イチジク,バナナ,雌雄異花,単為結果,リコペン,クロロフィル,アントシアニン,緑藻,褐藻,紅藻,馬鈴薯,男爵,メークイン,捏芋,銀杏芋,大和芋,薯蕷芋,滑子,ポップコーン,トルティーヤ,タコス

 
違いは? 荒布(あらめ)と鹿尾菜(ひじき)の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較