海藻と海草の比較

海藻は波当たりの強い岩礁海岸に多く生育し、葉,茎,根の区別はなく、胞子で繁殖(隠花植物)します。 海産の藻類の緑藻,渇藻,紅藻で、多くは食用とされます。
海草は波の当たらない比較的浅い沿岸域の内湾や干潟の砂泥底域に多く生育し、海中に生ずる顕花植物のアマモやスガモ等で、食用にされる事は殆どありません。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)

白葱と葉葱[青葱] 玉葱と新玉(葱) キャベツと春キャベツ リーフレタスとサニーレタス ピーマンとパプリカ ブロッコリーとカリフラワー 貝割れとブロッコリースプラウト 大葉と紫蘇 枝豆(茶豆)と大豆 ホワイトアスパラとグリーンアスパラ(アスパラガス) ズッキーニと胡瓜 日本南瓜と西洋カボチャ

夏蜜柑(,甘夏)と八朔 橙と蜜柑 かぼすと酢橘 柿と渋柿 梨と二十世紀 陸奥とサン陸奥 ブルーベリーと葡萄

野菜と果物(果菜) 緑黄色野菜と淡色野菜 早生等と春蒔き等 荒布と鹿尾菜 海藻と海草 ジャガ芋と新ジャガ(芋) 山芋と長芋 榎茸と滑茸(,滑子) 本占地とぶなしめじ スイートコーンとヤングコーン



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・野菜・果物等(植物): 海藻と海草

海藻は岩礁海岸に多く生育し、胞子で繁殖し、藻類の緑藻,渇藻,紅藻で、多くは食用とされます。
海草は砂泥底域に多く生育し、海中に生ずる種子植物のアマモやスガモ等で、食用にされる事は殆どありません。


海藻

海藻(かいそう)は波当たりの強い岩礁海岸に多く生育し、葉,茎,根(栄養吸収の為ではなく岩に固着する為の器官)の区別はなく、胞子で繁殖(隠花植物)します。
海産の藻類(そうるい)で、多くは食用とされます。浅瀬から順に緑藻{りょくそう:青海苔,あおさ等}、渇藻{かっそう:昆布,若布(わかめ)鹿尾菜(ひじき),水雲・海蘊(もずく)の類;大型種(寒い地方に多い)が見られる}、紅藻[こうそう:浅草海苔,天草{てんぐさ:寒天や心太(ところてん)の原料},布海苔(ふのり)等]が潮間帯(ちょうかんたい:高潮線と低潮線のとの間の海岸領域)から数十メートルの海底にまで生息します。
「ウミモの海藻」という言い方をする事もある様です。


海草

海草(かいそう)は波の当たらない比較的浅い沿岸域の内湾や干潟の様な環境の砂泥底域に多く生育し、乾燥に弱く干潮でも潮下帯以下(海水に浸っている所)を好む種が多いです。
海中に生ずる顕花植物(種子植物:花を咲かせ種子を生ずる)の被子植物{菖蒲(しょうぶ)の様な単子葉植物}で、食用にされる事は殆どありません。基本的には光合成を行いますが、栄養繁殖(地下茎を分枝させて増える)を行う種もあります。海産多年草のアマモ(甘藻:海水中の栄養塩を葉で取り込む)やスガモ(菅藻)等です。
水草(みずくさ)で、「うみくさ」(海草)とも呼ばれます。

地殻の変動等で一旦陸上植物{祖先は藻類の緑藻(緑色の仲間)だと考えられている}として適応した後に、再び海域に生活の場を戻したと考えられています。


野菜・果物等(植物)の『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:加賀ねぎ,千住ねぎ,長葱,細葱,九条葱,万能葱,分葱,紫キャベツ,芽キャベツ,新キャベツ,グリーンリーフ,サラダ菜,サンチュ,唐辛子,カラーピーマン,獅子唐,赤唐辛子,鷹の爪,ベル型ピーマン,ケール,スプラウト,だだちゃ豆,独活,ペポカボチャ,パンプキン,マーマレード,文旦(ザボン),オレンジ,柑橘類,レモン,柚,ライム,乾柿,ラフランス(西洋梨[洋梨]),ゴールデンデリシャス,印度,ふじ,つがる,ビルベリー,草本,果菜根菜等,一年草,多年草,果実,苺,パイナップル[パイン],イチジク,バナナ,雌雄異花,単為結果,リコペン,クロロフィル,アントシアニン,緑藻,褐藻,紅藻,馬鈴薯,男爵,メークイン,捏芋,銀杏芋,大和芋,薯蕷芋,滑子,ポップコーン,トルティーヤ,タコス

 
違いは? 海藻と海草の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較