かぼすと酢橘の比較

かぼすはユズの一種で大き目で酸味が強く独特の風味があり、果皮は緑色で果頂部がやや盛り上がった外観の特徴があり、河豚料理等で香味料として利用され、大分県特産です。
酢橘もユズ類で小形で、緑色の内に独特の香気と適度な酸味を味わい、松茸料理等に香味料として用いられ、主に徳島県で栽培されています。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)

白葱と葉葱[青葱] 玉葱と新玉(葱) キャベツと春キャベツ リーフレタスとサニーレタス ピーマンとパプリカ ブロッコリーとカリフラワー 貝割れとブロッコリースプラウト 大葉と紫蘇 枝豆(茶豆)と大豆 ホワイトアスパラとグリーンアスパラ(アスパラガス) ズッキーニと胡瓜 日本南瓜と西洋カボチャ

夏蜜柑(,甘夏)と八朔 橙と蜜柑 かぼすと酢橘 柿と渋柿 梨と二十世紀 陸奥とサン陸奥 ブルーベリーと葡萄

野菜と果物(果菜) 緑黄色野菜と淡色野菜 早生等と春蒔き等 荒布と鹿尾菜 海藻と海草 ジャガ芋と新ジャガ(芋) 山芋と長芋 榎茸と滑茸(,滑子) 本占地とぶなしめじ スイートコーンとヤングコーン



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・野菜・果物等(植物): かぼすと酢橘

香母酢は大き目で酸味が強く、酢橘は小形で適度な酸味で、どちらもクエン酸を多く含む香酸柑橘類で柚子の近縁種で、香味料として用いられます。


かぼす(香母酢)

ユズの一種(ゆずの近縁種)で、果実は100〜150gと大き目で酸味が強く独特の風味があり、果皮は緑色(香りの良い時期)で熟すと黄色になり、果頂部がやや盛り上がった外観の特徴があります。河豚(ふぐ)料理や鍋料理等で香味料として利用され、収穫は9〜10月頃で大分県特産です。

橙の一変種(古名)のカブス(臭橙)に由来すると言われています。


酢橘(すだち)

ミカン科ユズ類(ゆずの近縁)で、果実は30〜40gとユズより小形で、緑色(熟すと黄色になる)の内に独特の香気と適度な酸味を味わいます。松茸料理や焼等に香味料として用いられ、収穫は8〜10月頃で主に徳島県で栽培されています。

として使われた事で酢橘(すたちばな)と言われ、「すだち」となったと言われています。酸橘とも書きます。
{橘(たちばな):食用柑橘類の総称}


* 柚[柚子](ゆず)

ミカン科ミカン属の常緑低木の柑橘類(香酸柑橘類:クエン酸が多く含まれ酸味が強くて生食に向かない,レモンやライム等も)で、黄色い果皮には凸凹した疣状突起があって香気と酸味があり、果汁や細かく切った果皮は調味料や香味料に用いられます。大きさは100〜120g位です。黄柚子は秋から出回り(青柚子は初夏に流通)、冬至の日には柚湯に入る風習がありますね。

柚等は「酢みかん」とも呼ばれ、ビタミンCやカリウム等が豊富に含まれています。


* ライム

レモンに形状が似ていて長球形でやや小振りで、熟すと黄色くなるが緑の内に用いられます。


野菜・果物等(植物)の『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:加賀ねぎ,千住ねぎ,長葱,細葱,九条葱,万能葱,分葱,紫キャベツ,芽キャベツ,新キャベツ,グリーンリーフ,サラダ菜,サンチュ,唐辛子,カラーピーマン,獅子唐,赤唐辛子,鷹の爪,ベル型ピーマン,ケール,スプラウト,だだちゃ豆,独活,ペポカボチャ,パンプキン,マーマレード,文旦(ザボン),オレンジ,柑橘類,レモン,柚,ライム,乾柿,ラフランス(西洋梨[洋梨]),ゴールデンデリシャス,印度,ふじ,つがる,ビルベリー,草本,果菜根菜等,一年草,多年草,果実,苺,パイナップル[パイン],イチジク,バナナ,雌雄異花,単為結果,リコペン,クロロフィル,アントシアニン,緑藻,褐藻,紅藻,馬鈴薯,男爵,メークイン,捏芋,銀杏芋,大和芋,薯蕷芋,滑子,ポップコーン,トルティーヤ,タコス

 
違いは? かぼすと酢橘の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較