榎茸と滑茸(,滑子)の比較

天然の榎茸は生長すると傘の径が5〜10cmで柄の短い黄褐色の粘性のある茸になるが、店で見かけるのは栽培品で白っぽい背の高い萌やしの様な細いエノキです。
滑茸は榎茸を醤油や酢等で煮て瓶詰にした商品ですが、地域によっては滑子をナメタケ等と呼び、滑茸と書いて「なめこ」とも読む事もあります。
黄褐色で粘りがあるエノキタケ,ナメスギタケ,ヌメリスギタケ等を滑子とも言います。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)

白葱と葉葱[青葱] 玉葱と新玉(葱) キャベツと春キャベツ リーフレタスとサニーレタス ピーマンとパプリカ ブロッコリーとカリフラワー 貝割れとブロッコリースプラウト 大葉と紫蘇 枝豆(茶豆)と大豆 ホワイトアスパラとグリーンアスパラ(アスパラガス) ズッキーニと胡瓜 日本南瓜と西洋カボチャ

夏蜜柑(,甘夏)と八朔 橙と蜜柑 かぼすと酢橘 柿と渋柿 梨と二十世紀 陸奥とサン陸奥 ブルーベリーと葡萄

野菜と果物(果菜) 緑黄色野菜と淡色野菜 早生等と春蒔き等 荒布と鹿尾菜 海藻と海草 ジャガ芋と新ジャガ(芋) 山芋と長芋 榎茸と滑茸(,滑子) 本占地とぶなしめじ スイートコーンとヤングコーン



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・野菜・果物等(植物): 榎茸と滑茸(,滑子)

天然の榎茸は傘の径が5〜10cmで柄の短い黄褐色の粘性のある茸で地域によっては滑子とも言い、店で見かけるのは栽培品で白っぽい萌やしの様なエノキです。滑茸は榎茸を醤油や酢等で煮て瓶詰にした商品です。


榎茸(えのきたけ)

天然の榎茸(キシメジ科エノキタケ属)は生長すると傘の径が5〜10cmで柄の短い黄褐色(中央は茶褐色)の粘性のある茸{晩秋〜初春にかけ榎(落葉高木)等に生え,雪の中からでも発生しユキノシタ等とも呼ばれる}になるが、スーパーでよく見かけるのは暗所で人工栽培した(栽培品)白っぽい淡色で背の高い萌やしの様な細いエノキです。鍋や澄まし汁の具等にして食べます。


滑茸(なめたけ)

榎茸を醤油等で煮て瓶詰にした、スーパー等で市販されている商品です。


* 滑子(なめこ)

滑子はモエギタケ科スギタケ属の茸(傘は茶褐色で柄は白や茶色,地域によりナメタケやヌメリタケと呼ぶ)ですが、食用茸で黄褐色で粘り(粘性物質のムチン)があるエノキタケ,ナメスギタケ(滑杉茸),ヌメリスギタケ(滑杉茸)等(地方により異なる)を滑子とも言います。滑茸(「なめたけ」と書いて「なめこ」とも読む)とも表示されます。
傘が開いていない滑り(オクラ等のネバネバ成分と同じ)のある滑子がパック入り等で販売されています。味噌汁に入れたり大根卸しと和えたりして食べます。

天然物は秋〜冬にかけてブナ等の広葉樹の枯れ木や切株等に群生し、傘の径は2〜10cm程で開ききるとヌメリは少なくなります。


野菜・果物等(植物)の『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:加賀ねぎ,千住ねぎ,長葱,細葱,九条葱,万能葱,分葱,紫キャベツ,芽キャベツ,新キャベツ,グリーンリーフ,サラダ菜,サンチュ,唐辛子,カラーピーマン,獅子唐,赤唐辛子,鷹の爪,ベル型ピーマン,ケール,スプラウト,だだちゃ豆,独活,ペポカボチャ,パンプキン,マーマレード,文旦(ザボン),オレンジ,柑橘類,レモン,柚,ライム,乾柿,ラフランス(西洋梨[洋梨]),ゴールデンデリシャス,印度,ふじ,つがる,ビルベリー,草本,果菜根菜等,一年草,多年草,果実,苺,パイナップル[パイン],イチジク,バナナ,雌雄異花,単為結果,リコペン,クロロフィル,アントシアニン,緑藻,褐藻,紅藻,馬鈴薯,男爵,メークイン,捏芋,銀杏芋,大和芋,薯蕷芋,滑子,ポップコーン,トルティーヤ,タコス

 
違いは? 榎茸と滑茸(,滑子)の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較