枝豆(茶豆)と大豆の比較

枝豆は大豆の未熟な内に茎ごと収穫した物で、緑黄色野菜感覚で食べます。大豆よりビタミンAやビタミンC等が豊富で低カロリーです。未熟種子の時に甘味がある枝豆用の品種が使われています。
大豆は畑の肉と言われるほどタンパク質が豊富(枝豆の約3倍)で、黄,黒,青色等の品種が多く、味噌,醤油、豆腐,豆乳,黄粉や納豆等の原材料であり、煮豆や炒り豆としても食べられます。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)

白葱と葉葱[青葱] 玉葱と新玉(葱) キャベツと春キャベツ ピーマンとパプリカ ブロッコリーとカリフラワー 貝割れとブロッコリースプラウト 大葉と紫蘇 枝豆(茶豆)と大豆 ホワイトアスパラとグリーンアスパラ(アスパラガス) ズッキーニと胡瓜

夏蜜柑(,甘夏)と八朔 橙と蜜柑 かぼすと酢橘 柿と渋柿 梨と二十世紀 陸奥とサン陸奥

野菜と果物(果菜) 緑黄色野菜と淡色野菜 早生等と春蒔き等 荒布と鹿尾菜 海藻と海草 ジャガ芋と新ジャガ(芋) 山芋と長芋 榎茸と滑茸(,滑子) 本占地とぶなしめじ

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:加賀ねぎ,千住ねぎ,長葱,細葱,九条葱,万能葱,分葱,紫キャベツ,芽キャベツ,新キャベツ,唐辛子,カラーピーマン,獅子唐,赤唐辛子,鷹の爪,ベル型ピーマン,ケール,スプラウト,だだちゃ豆,独活,マーマレード,文旦(ザボン),オレンジ,柑橘類,レモン,柚,ライム,乾柿,ラフランス(西洋梨[洋梨]),ゴールデンデリシャス,印度,ふじ,つがる,草本,果菜根菜等,一年草,多年草,果実,苺,パイナップル[パイン],イチジク,バナナ,雌雄異花,単為結果,リコペン,クロロフィル,アントシアニン,緑藻,褐藻,紅藻,馬鈴薯,男爵,メークイン,捏芋,銀杏芋,大和芋,薯蕷芋,滑子



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・野菜・果物等(植物): 枝豆(茶豆)と大豆

枝豆は大豆の未熟な内に茎ごと収穫した物で、緑黄色野菜感覚で食べられ、大豆より低カロリーです。
大豆はタンパク質が豊富で、黄,黒,青色等の品種が多く、味噌,醤油、豆腐,豆乳,黄粉や納豆等の原材料です。


枝豆(茶豆)

大豆の未熟な内に茎ごと収穫した物(未成育大豆:大豆は種になるが枝豆は種にならない,熟していない青い大豆を昔は枝付きのまま茹でた事がある:枝付き豆・枝成り豆)で、緑黄色野菜感覚で食べます。大豆よりビタミンAやビタミンC等が豊富で低カロリーです。
枝豆の出荷(大豆より単価が高い)は早生(わせ)の6〜7月(開花後25〜30日頃)が一般的で、枝豆用の品種(未熟種子の時に甘味がある)が使われています(青大豆イコール枝豆と言うわけではありません)。


* 茶豆

香りが強く風味(旨味のアミノ酸,甘みの糖分が多い)が他の枝豆より良いのが特徴で、美味しい物を提供する為に実入りの少ない(アミノ酸や糖分が多い内に)やや若取りで収穫して出荷(7月下旬から8月中旬)します。茶豆や「だだちゃ豆」は莢の中の薄皮が茶色のや莢の(うぶ)毛が茶色の品種です。
新潟市の小平方(こひらかた:旧黒埼町の地区)の「新潟茶豆{黒埼茶豆(くろさき茶豆)}」等が有名ですが、ルーツは「だだちゃ豆」{庄内平野(山形県鶴岡市),だだちゃ:「おやじ」・「お父さん」を意味する}の様です。


大豆

蛋白質(大豆は畑の肉と言われるほどタンパク質が多い,枝豆の約3倍,タンパク質が固まって豆腐になる)と油脂に富んだ種子(果実)で、黄,黒,青色等の品種が多く、味噌醤油、豆腐,豆乳,黄粉(きなこ)や納豆等の原材料であり、煮豆や炒り豆としても食べられます。
五穀(穀物・穀類)の一で高さ30〜40cm(莢の長さ約5cm)の最重要なマメ科(蔓性)の一年生作物で、葉や莢が枯れてから収穫します。

黄[白](味噌・豆腐・納豆に),黒(大粒が多く煮豆・納豆・豆腐に),青[緑・黄緑](枝豆・黄粉・菓子・浸し豆・青豆豆腐に),赤[紅](ポリフェノールが多く煮豆向き),茶色等の品種があり、大粒(煮豆に),中粒(味噌や豆腐等に),小粒(納豆に)大豆があります。


 
違いは? 枝豆(茶豆)と大豆の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較