手羽肉と手羽先(,手羽元)の比較

手羽[手羽肉]は鶏肉の翼の胸肉に近い付け根部分の手羽元と、羽先部分のゼラチン質と脂肪が多く肉の少ない手羽中を含む手羽先です。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): 手羽肉と手羽先(,手羽元)

手羽[手羽肉]は鶏肉の翼の付け根から先までの部分で手羽元と、手羽中を含む手羽先です。


手羽(肉)

手羽[手羽肉](wing)は鶏肉の翼の付け根から先までの部分で手羽元と手羽先(手羽中を含む)で、ビタミンAが多く含まれます。
羽(翼)の付け根の部分の肉[手羽元]を手羽肉とし、先の部分を手羽先とする分け方もあるようです。


手羽先(,手羽元)

鶏肉の羽の先の部分で、ゼラチン質(コラーゲン)と脂肪が多く肉は少なく、から揚げ(垂れを塗って塩,胡椒,胡麻等を振り掛けたパリパリの食感)や煮込み以外に、(味が濃厚なので)出汁にも適しています。

・手羽中:手羽先の一部で、先端部を関節より除いた部分で肉はやや少なく、煮物(御田)や,(骨の端に)肉を袋状に丸く裏返したチューリップ(チキン)は空揚げ等にします。

・手羽元[ウイングスティック]:胸肉に近く脂肪が少なく肉のボリューム感もあり柔らかいのが特徴で、ウイングスティックのから揚げ(骨付き唐揚げ)や煮物,炙り焼き等にして食べます。

人と対比すると肩から肘までが手羽元で、肘から指先まで(腕の部分が手羽中)が手羽先に当ります。


鶏関連: 笹身とむね肉(,もも肉) 肝と砂肝 ホルモンとレバー


 
違いは? 手羽肉と手羽先(,手羽元)の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較