鱈子(たらこ)と明太子の比較

たらこはスケトウダラ等の鱈の卵巣を塩,調味料,色素を使って塩漬けした食材・食品で、真鱈の卵は大きくて固いので鱈子にはしません。
明太子もスケトウダラの卵巣を塩と唐辛子,昆布出し等の調味液で漬けた食品や食材で、福岡の名産品です。明太は朝鮮語で介党鱈の事で、明太子はその卵になります。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): 鱈子と明太子

関東では塩味は鱈子で唐辛子味は明太子と呼び、関西では塩味の物は明太子で唐辛子入りの物は辛子明太子と区別する事が多いようです。


鱈子(たらこ)

介党鱈(すけとうだら)[助惣鱈(すけそうだら)]等の鱈の卵巣を塩,調味料{うま味調味料(グルタミン酸ナトリウム等)},色素を使って塩漬け[塩蔵]した食材・食品がたらこ[塩たらこ]です。

介党鱈(全長約60cm)に対し、一般的に鱈と呼ばれる真鱈(全長約120cm)の卵巣の袋は大きくて固いので鱈子にはしません(マダラコ:袋から出して調理します)。


タラの子(卵)で鱈子(たらこ)です。北海道等では「紅葉子(もみじこ)」(赤く着色した物)とも言います。

たらこのレシピでは、そのまま食べたり、加熱して「焼きたらこ」にしたり、おにぎりやお茶漬けの具、ふりかけ等にもしますし、たらこパスタ・たらこスパゲティ(パスタソースのCMソングで「たらこ・たらこ・たらこ」が一時期流行りました)等でも食します。

北海道{白老町虎杖浜(こじょうはま)}が主な産地(日本産は原料の10%程)ですが、スーパーで見かけるのはアメリカ(アラスカ)産やロシア産が殆どです。

ビタミンE、ビタミンB複合体[ビタミンB群](ナイアシン[ニコチン酸・ビタミンB3]やビタミンB1,ビタミンB2等)等が豊富に含まれます。

卵巣の数え方は2つ一対で、一腹(ひとはら),ニ腹と数えます。

たらこ唇と言う言葉もよく使われました。


明太子(めんたいこ)

介党鱈の卵巣を塩と唐辛子,昆布出し,酒等が入った調味液で漬けた食品や食材で、福岡の名産品です。明太(魚)はハングル(朝鮮語)でスケトウダラの事で、明太子はその子で卵になります。

地域によって認識の仕方も異なり、関東では塩味は鱈子で唐辛子味は明太子と呼び、関西では塩味の物は明太子で唐辛子入りの物は辛子明太子と区別する事が多いようです。


(辛子)明太子の略で、単に(辛子)明太とも言います。

福岡の方言で「明太子」は「たらこ」を指します。

「辛子明太子」と呼べるのは介党鱈を材料とした物だけです。

現在の主流は漬け込み型辛子明太子(塩漬けしたたらこを唐辛子調味液で二次漬けした明太子:福岡県)ですが、まぶし型辛子明太子(散布型明太子:山口県下関)もあります。

真子(卵巣の形を保った物),切れ子(皮が切れた物:スーパーではこれが多い),ばら子(粒のみの物)があります。

ご飯食で、そのまま食べたり,軽く焼いて食べますが、明太子とバター・マーガリンをペースト状に合わせてフランスパンに塗った「明太子フランス」等もありますね。

介党鱈の卵にシシャモの卵等を混ぜた商品は「明太子風」と表記されています。


 
違いは? 鱈子と明太子の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較