比目魚と鰈の比較

比目魚はカレイ目ヒラメ科等の魚で褐色系で、大きいのは全長80cm超で口も大きくて歯は鋭く、両眼ともに体の左側にあり、刺身等の高級食材というイメージもあります。
鰈はカレイ目カレイ科等の魚で褐色系で、大きさは30〜60cm位のが多く、両眼とも普通は体の右側にありま、煮付け等でよく食べられます。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): 比目魚と鰈

「左ヒラメに右カレイ」で、目がどちらにあるかで区別できます。比目魚の方が口が大きくて歯は鋭い(大口ヒラメの小口カレイ)です。


比目魚[平目・鮃](ひらめ)

カレイ目ヒラメ科等の魚の総称で褐色系で種類は多くて、大きいのは全長80cm超で口も大きくて歯は鋭く、両眼ともに体の左側にあります。刺身,寿司等の高級食材というイメージもあります。

ウシノシタ科にはオオシタビラメ等の名前のもいますし、アカシタビラメ等のウシノシタ類を舌鮃とも言います。ダルマガレイ科の魚もヒラメに属します。


鰈(かれい)

カレイ目カレイ科等の硬骨魚の総称で、多くの種類があり褐色系で、種類にもよりますが大きさは30〜60cm位のが多く、両眼とも普通は体の右側にあります。煮付け等でよく食べられます。

カラエヒ{カラエイ:韓のエイ(軟骨魚)}の転じたものです。昔はカレイとヒラメの区別はなくカレイと呼んでいたそうです。

大鮃(おひょう)は名前に鮃が入っていますがカレイ科の魚で、雌は体調が2.6mにもなるそうです。


「大口ひらめの小口かれい」や「左ヒラメに右カレイ」と言う言葉もありますが、ヒラメもカレイも幼魚の頃は普通に左右に目が付いていますし、ヌマガレイ[カワガレイ]は目が左側にあり、ボウズガレイは同じ種類でも右・左の両方がいます。

ヒラメの寿命は数年程度で、カレイには大きな種で40〜50年生きるのもいます。

 
違いは? 比目魚と鰈の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較