ホルモンとレバーの比較

ホルモンは牛,豚等の胃,腸,心臓,腎臓,(肝臓)等の臓物を小さく切った焼肉,鍋等の食材や料理(メニュー)で、不要な内臓は「放るもん」から来ています。もつ鍋等の「もつ」も臓物(ぞうもつ)で食材の事です。
レバーは鶏,豚,牛等の肝臓[きも]を小さく切った焼鳥や焼肉等の食材や料理(メニュー)です。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): ホルモンとレバー

ホルモンは牛,豚等の胃,腸等の臓物で焼肉,鍋等の食材や料理で、内臓は不要で「放るもん」から来ています。レバーは鶏,豚,牛等の肝臓を小さく切った焼鳥や焼肉等の食材や料理です。


ホルモン(焼)

,豚等の胃,腸,心臓,腎臓,(肝臓)等の臓物を小さく切った焼肉,鍋等の食材や料理(メニュー)です。

ホルモンは大阪発祥の言葉で、正肉(ロース,カルビヒレ・フィレ肉等)以外で以前は捨てていた内臓等の部位の総称で、「放るもん」から来ています。タン(tongue:舌)やハラミ(腹身:横隔膜)等も昔ならホルモンでしょうか。

ハツ(heart:心臓),テッチャン・シマ腸(大腸),丸腸(小腸),ミノ(第一胃袋),ハチノス(第二胃袋),センマイ(第三胃袋),赤センマイ・ギアラ(第四胃),マメ(腎臓),レバー(肝臓)…

* もつ:臓物[内臓・はらわた]の食材の事で、野菜と一緒に味噌等で煮込んだ「もつ鍋」等の「もつ料理・臓物料理」があります。


レバー

,豚,牛等の肝臓[肝・胆(きも)]を小さく切った焼鳥や焼肉(レバ刺し)等の食材や料理(メニュー)です。ホルモンや「もつ」の一つとも言えます。


鶏関連: 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝


 
違いは? ホルモンとレバーの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較