ハム(,生ハム)とベーコンの比較

ハムは豚の腿肉等を塩漬け,熟成し、型に詰め(更に燻製にし)て湯煮(ボイル)等して作る加熱食肉製品で、生ハムは塩漬けにし加熱せずに乾燥させながら熟成させた豚腿肉のハムです。 ベーコンは豚のばら肉等を塩漬け,熟成し、燻煙(スモーク)した保存食品で、ベーコンはスモークの時点で、ハムの様に布で巻いたり,凧糸で縛ったりせずに作ります。
 


ホーム


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): ハム(,生ハム)とベーコン

ハムは豚の腿肉等を塩漬け,熟成し、型に詰め(更に燻製にし)て湯煮(ボイル)等して作る加熱食肉製品で、ベーコンは豚のばら肉等を塩漬け,熟成し、(布で巻いたりせずに)スモークした保存食品です。


ハム(,生ハム)

豚の腿肉(ももにく:脂肪があまり無い赤身)等を塩漬け,熟成し、ケーシング(型)に詰め(更に燻製にし)て、湯煮(ボイル)又は蒸煮して作る加熱食肉製品で、豚の腿肉から骨を取り除いたボンレスハム[骨抜きハム],ロース(背肉・腰等の肉)を使ったロースハム(程好い赤身と脂肪),肩肉を使ったショルダーハム、バラ肉のベリーハムや、他にプレスハム等があります。
豚の腿肉その物もハムと言います。

生ハムは塩漬けにし加熱せずに乾燥させながら熟成させた豚腿肉のハムで、普通のハム等に対し、製造工程で約3倍の塩を使うので(後で塩抜きを行うが)塩辛いです。

プレスハム[寄せハム]:豚肉等の主原料に鳥肉(家禽肉),魚肉,澱粉等を加えて、燻製,水煮(味付けせずに水だけで、又は薄い塩味で煮る)等して作るハムの一つです。


ベーコン

豚のばら肉{胸の下部から腹に至る肋骨(あばらぼね・ろっこつ)辺りの肉}を塩漬け,熟成し、低温で燻製[燻煙(スモーク)]にした保存食品で、原料の関係でハムに比べ脂肪分が多いです。ショルダーベーコンやロースで作るロースベーコン(カナディアンベーコン)等もあります。

ベーコンはスモークの時点で、ハムの様にケーシング(元はソーセージを詰める腸の事で、今は食肉加工時に使用する型や包み全般をいう)に詰めたり,さらし布で巻いたり,凧糸で縛ったりせず、裸で吊るして作ります。

豚のばら肉その物もベーコンと言います。
昔は鯨のベーコンもよく販売されていました。

* ソーセージ:肩肉等を挽肉にし、塩漬け,熟成して、調味料・香辛料を加え、腸等に詰めて(更に燻製にして)、蒸煮した保存食品です。ケーシングの種類や径の太さによりウインナーソーセージ,フランクフルトソーセージ,ボロニアソーセージと呼び名が異なります。


 
違いは? ハム(,生ハム)とベーコンの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較