赤身魚(,白身魚)と青魚の比較

赤身魚は回遊魚の鰹,鮪,鰤等で筋肉量の多い魚が多く沢山の酸素(血液)が必要なので身が赤く、比較的脂質が多く含まれ味も濃く硬くなり易いです。白身魚は沿岸魚や底生魚等の鯛や比目魚等です。
青魚は鯵,鰯,鯖,秋刀魚等で多くは赤身魚に属し背が青い魚で青物等とも言われ、DHAやEPAが多いですが、鮮度が落ちるのが早い魚でもあります。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): 赤身魚(,白身魚)と青魚

赤身魚は回遊魚の鰹,鮪,鰤等で筋肉量の多い魚が多く沢山の酸素(血液)が必要なので身が赤く、脂質が多く含まれ味も濃く硬くなり易いです。
青魚は鯵,鰯,鯖,秋刀魚等で多くは赤身魚に属し背が青い魚でDHAやEPAが多いです。


赤身魚

回遊魚{遠洋:鰹(かつお),鮪(まぐろ),かじき等、近海:鰤(ぶり),はまち等}で、筋肉量{血合い肉(赤褐色の筋肉):持続力・持久力を発揮する赤筋[遅筋]}の多い魚が多く、沢山の酸素(血液)が必要なので身が赤く、比較的脂質が多く含まれ(鰹等は脂質が少ない),味も濃く,(熱で)硬くなり易いです。

赤身と白身は血液色素タンパク質(ヘモグロビン:酸素の運搬)と筋肉色素タンパク質(ミオグロビン:酸素を供給)の量(100g辺りの含有量が10mg以上は赤身)によって分類されています。


* 白身魚

沿岸魚{河豚(ふぐ),鯛(たい),かます,鱸(すずき),ほっけ,かさご等}や底生魚[底魚]{穴子(あなご),あんこう,鰈(かれい),比目魚(ひらめ)鱈(たら),きす,めばる等)の浅海の表層や岩礁(根魚),砂地(底物)等に棲息する魚や、遡降河回遊魚[遡河回遊(そかかいゆう):鮭(さけ),鱒(ます){サーモンピンク等の赤っぽい身の色(稚魚の時は白)は「アスタキサンチン」と言うカニエビ(おきあみ)が持っている熱に強い色素で火を通しても白っぽくならない}等、降河回遊(こうかかいゆう):鰻(うなぎ)等]です。
岩礁や海底・砂地等に身を潜めじっとしていて、餌を捕る時や逃げる時に泳ぎ、筋肉量(瞬発力を発揮できる速筋[白筋]が主)の少ない魚が多く、大量の血液が要らないので身が白く、淡泊{さっぱりした味わい(鰻等は脂質が多い)}で,軟らかくて解れ易く,低カロリー(ヘルシー)で,消化にも良く、病人食や赤ちゃんの離乳食等にも適しています。


青魚

近海回遊魚{赤身魚の小型物:鯵(あじ),鰯(いわし),鯖(さば),秋刀魚(さんま),鯡(にしん)、白身魚:鰆(さわら),しいら}で、背が青い[青緑色・黒っぽい]{海面上空の鳥に対し目立たない(腹が白いのは海中の大型魚に対し目立たない)}魚で、青物や光り物{青物でも特に皮目が綺麗な魚(の業界用語)}とも言われます。
DHA[ドコサヘキサエン酸]やEPA[エイコサペンタエン酸]が多いですが、鮮度が落ちるのが早い魚でもあります。


 
違いは? 赤身魚(,白身魚)と青魚の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較