魚貝(類)と魚介(類)の比較

魚貝は魚と貝で、貝は貝殻を持つ軟体動物(無脊椎動物)の総称です。魚貝類は魚類と貝類で、貝類には殻の無い蛸や烏賊等の軟体動物の頭足類も含みます。
魚介は魚と貝で魚貝と同じです。魚介類は魚類や貝類等の水産動物の総称で、蛸,烏賊等の軟体動物や、蝦,蟹等の甲殻類や、海胆,海鼠等の棘皮動物等の水産物の無脊椎動物全体を含みます。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): 魚貝(類)と魚介(類)

魚貝は魚と貝殻を持つ軟体動物の貝で、魚貝類は魚類と殻の無い蛸や烏賊等の軟体動物も含む貝類です。
魚介は魚と貝で魚貝と同じで、魚介類は魚類や貝類等の水産動物の総称で、蛸,烏賊等の軟体動物や、蝦,蟹等の甲殻類等を含みます。


魚貝(類)

魚貝は魚と貝で、貝(巻貝,二枚貝,角貝等)は貝殻(かいがら)[介殻(かいかく)]を持つ軟体動物(無脊椎動物の一門)の総称です。

魚貝類は魚類(脊椎動物の一群で軟骨魚類のサメ等の類や無顎類のウナギ等も含む,鯨等は哺乳類)と貝類で、貝類には殻の有無に関係無く蛸(タコ目),烏賊(ツツイカ目とコウイカ目)等の軟体動物の頭足類(軟体動物門頭足綱)も含みます。


貝は二枚貝や真ん中に割れ目のある子安貝等の二つに分かれる貝で、後に転じて貝の総称とあります。

魚貝(ぎょかい)は「重箱読み」です。


魚介(類)

魚介(と言う字)だけではあまり使われませんが、魚と貝で、魚貝と同じです。

魚介類は魚類や貝類等の水産動物(水産物は海藻等も含む)の総称で、蛸(たこ),烏賊(いか)等の軟体動物や、蝦(えび)蟹(かに)等の甲殻類{節足動物の一綱で介類)や、海胆{うに:棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱},海鼠(なまこ:棘皮動物門ナマコ綱)等の水産物の無脊椎動物全体を含みます。


軟体動物等の外甲の貝(貝殻)を「介」とも書きます。「介」は貝の当て字ともあります。

「介」は堅い事や、両側から挟んで身を守る鎧(よろい),殻,貝殻の意味や、甲羅等の事で、介冑{かいちゅう:鎧兜,甲冑(かっちゅう)}や介虫{かいちゅう:貝や亀(爬虫類)等の硬い殻等で身を守っている生物}等の語でも使われます。


 
違いは? 魚貝(類)と魚介(類)の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較