和牛と国産牛の比較

和牛は日本在来種と、輸入種とを交配改良した牛で、改良種には黒毛和種,褐毛和種,無角和種,日本短角種の肉牛の4種があり、和牛表示できるのは国内で出生し飼育されたこれら4種と交雑種の計6種類で、国産牛より高級で軟らかく美味しいです。神戸ビーフ,松阪牛,近江牛(又は米沢牛)を三大和牛等と言います。
国産牛は日本国内で飼育された牛(輸入されて3か月以上飼育された牛も含む)で、乳牛のホルスタイン種等と,乳用種と肉用種の交雑種です。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): 和牛と国産牛

和牛は在来種と、輸入種とを交配改良した牛で、黒毛和種等の肉牛の4種があり、和牛表示できるのは国内で出生し飼育されたこれら4種等で、神戸ビーフ,松阪牛,近江牛(又は米沢牛)を三大和牛等と言います。
国産牛は日本国内で(輸入されて3か月以上)飼育された牛で、乳牛のホルスタイン種等と,乳用種と肉用種の交雑種です。


和牛

日本在来種{山口県見島(みしま)の見島牛(天然記念物)等}と、それらと明治以降にヨーロッパ等からの輸入種とを交配改良したとの総称で、改良種には黒毛和種(和牛の約9割),褐毛和種(あかげわしゅ・かつげわしゅ),無角和種,日本短角種の肉牛(食肉用牛・肉用種)の4種があります。
和牛表示できるのは国内で出生し飼育された上記4種と,4品種間の交雑種と,これら5種類との交雑種の計6種類です。
和牛(国産牛の約4割)は国産牛より高級で軟らかく脂肪の甘みが美味しいです。

神戸ビーフ[神戸牛(こうべぎゅう)]{但馬牛(たじまうし:兵庫県)を使用},松阪牛(まつさかぎゅう:三重県),近江牛(滋賀県){又は米沢牛(山形県)}の和牛の3つの銘柄牛肉を「(日本)三大和牛」や「日本三大銘柄牛」,「三大ブランド牛」等と言います。
松阪牛(三重県等では松阪肉と言う事も多い)は但馬牛(たじまうし)等を素牛(もとうし)として肥育した牛です。「松阪牛」の定義が緩くなったので、2002年8月19日の規約改訂前の松阪牛に該当するのは「特産松阪牛」かつ「金」(肉質等級が5)の枝肉のみです。
但馬牛(たじまうし)からとれる牛肉で神戸ビーフとは呼称が許されない肉質等級が低い肉は但馬牛(たじまぎゅう)と表記されます(神戸ビーフを但馬牛と表記は可)。


輸入牛にも和牛品種(黒毛和種等)やそれらの交雑種もありますが、「和牛」とは表示できません。

原産地表示は飼養期間の最も長い場所(国)になるので、(多国で飼養後の)輸入和牛品種で飼養地の最長が日本の場合には国産牛・黒毛和種の表示になります。

コンビニ弁当等の表示にある「○○黒毛牛」(外来種や交雑種)は「黒毛和牛」(黒毛和種)ではありません。


国産牛

日本国内で飼育された牛(輸入されて3か月以上飼育された牛も含む:約1割)で、乳牛(乳用種:約5割)のホルスタイン種(廃牛や雄の子牛)等と,乳用種と肉用種(主にホルスタイン種の雌と黒毛和種の雄)の交雑種(肉質が良く生産コストが低い:約4割)です。

牛肉の5割強はオーストラリアやアメリカからの輸入牛です。

有名なブランド牛(産地銘柄牛)には十勝牛等のホルスタイン{ドイツ(オランダ)の外来種}等の国産牛もいます。


 
違いは? 和牛と国産牛の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較