白子(しらす)と雑魚(じゃこ)の比較

白子[白子干し]は関東の呼び名で、片口鰯等の稚魚を塩水で茹でて、生乾きにした軟らかくてしっとりとした白い乾した物です。
雑魚[縮緬雑魚]は関西の呼び名で、鰯類や小女子等の稚魚を塩水で茹でて、よく乾かした日持ちの良い薄い灰色の物で、白子も雑魚も元は同じ物です。
 
 

ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)

カルビとロース リブとばら ハム(,生ハム)とベーコン ウインナーとソーセージ ホルモンとレバー 笹身とむね肉(,もも肉) 手羽肉と手羽先(,手羽元) 肝と砂肝 ラムとマトン 和牛と国産牛

鰤とハマチ 比目魚と鰈 赤身魚(,白身魚)と青魚 白子と雑魚 鮭と鱒 イクラと筋子 鱈子と明太子 海老と蝦 蟹10脚と8脚 魚貝(類)と魚介(類)

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:ロース,サーロイン,ヒレ,フランクフルトソーセージ,サラミ,魚肉ソーセージ,もつ,ワラサ,小女子,ずわい蟹,毛蟹,たらば蟹,蛸,烏賊


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・魚介,肉(製品): 白子(しらす)と雑魚(じゃこ)

白子は関東の呼び名で、片口鰯等の稚魚を塩水で茹でた生乾きで軟らかくて白く、雑魚は関西の呼び名で、よく乾いた日持ちの良い灰色っぽい乾した物です。


白子(しらす)

白子干し[白子乾し](しらすぼし)は関東の呼び名で、単に白子とも言い、片口鰯(カタクチイワシ科)や真鰯(ニシン科)等の稚魚を塩水(生)で茹でて、生乾き(半生,七分乾き)にした軟らかくてしっとりとした白い乾した物です。


* 釜揚げ

白子(カタクチイワシ等の稚魚)を塩茹でした釜から揚げた(取り出した)未乾燥品を釜揚げ[釜揚げシラス]と呼び、冷凍して出荷されます。


雑魚(じゃこ)

縮緬雑魚(ちりめんじゃこ)は関西の呼び名で、単に雑魚とも言い、鰯類や素魚(しろうお:ハゼ科),小女子の稚魚を塩水で茹でて、よく乾かした日持ちの良い灰色っぽい(薄い灰色の)乾した物です。白子も雑魚も元は同じ物です。

正月の御節の田作(たつくり・たづくり)[ごまめ]や煮干し(にぼし)[炒子](いりこ)も小形の片口鰯等です。

縮緬は皺をたたせた絹織物の事で、雑魚(ざこ)を平らに広げて干した様子が、縮緬に見える事から縮緬雑魚と言う名が付いた様です。雑魚(じゃこ)は種々入り交じった小魚の雑魚(ざこ)の事です。


* 小女子(こうなご)

玉筋魚(いかなご)の別称でイカナゴ科の魚を乾した物です。


 
違いは? 白子(しらす)と雑魚(じゃこ)の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較