バターとマーガリンの比較

バターは牛乳から遠心分離機で水分と分離させた生クリームを撹拌し塊状にして(塩分も加え)固まらせた脂肪(乳脂肪分が80%以上)やビタミンA等の多い天然食材の乳製品です。バターは風味も良く炒め物等の料理にも適しています。バターの種類には成分,製法により、有塩バターと食塩不使用バター、非発酵バターと発酵バターがあります。
マーガリンは精製した動植物性油脂の大豆油,コーン油等に発酵乳や食塩,ビタミン類等を加え乳化剤で乳化(製造過程で水素化させて固体にした硬化油脂も適量配合)し、バター状に練り合わせた油脂含有率が80%以上の加工食品です。マーガリン類に油脂含有率が80%未満のファットスプレッドがあります。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料

薄力粉と強力粉 メリケン粉とうどん粉 片栗粉とジャガ芋澱粉 上新粉と白玉粉 粳米と糯米 米と無洗米

木綿豆腐と絹漉し豆腐 粒餡と漉餡 ナチュラルチーズとプロセスチーズ とろけるスライスチーズとスライスチーズ バターとマーガリン

糸蒟蒻と白滝 白い蒟蒻と黒い蒟蒻 白い蕎麦と黒い蕎麦 二八蕎麦と十割蕎麦 ラーメンの麺と焼きそばの麺 パスタとスパゲティ 春雨とビーフン

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:中力粉,軟質小麦,硬質小麦,コーンスターチ,黄粉,葛粉,団子粉,米粉,餅粉,求肥[牛皮・牛肥],白米,胚芽米,玄米,,高野豆腐,玉子豆腐,胡麻豆腐,杏仁豆腐,潰し餡,練餡,小倉餡[小倉],白餡,晒し餡,パルメザンチーズ,モッツァレラ,ゴーダチーズ,チェダーチーズ,ファットスプレッド,ショートニング,蒟蒻, 田舎蕎麦,デュラムセモリナ(デュラム小麦),マカロニ,マロニー,葛切り


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・食材・原料: バターとマーガリン

バターは牛乳から水分と分離させた生クリームを撹拌し塊状にして(塩分も加え)固まらせた脂肪(乳脂肪分が80%以上)やビタミンA等の多い天然食材の乳製品です。
マーガリンは精製した動植物性油脂の大豆油,コーン油等に発酵乳や食塩,ビタミン類等を加え乳化剤で乳化してバター状に練り合わせた油脂含有率が80%以上の加工食品です。


バター

牛乳から遠心分離機で水分(スキムミルク[脱脂乳])と分離させた生クリームを撹拌し塊状にして(塩分も加え)固まらせた脂肪(乳脂肪分が80%以上)やビタミンA等の多い天然食材の乳製品です。バターは風味も良く炒め物等の料理にも適しています。

一般的なバターの有塩バターに対し、塩分を加えないバターは「無塩バター」とも呼ばれていますが、実際は原料乳に一定量以上のナトリウムも含まれていて食塩相当量が何gかあるので「食塩不使用」と表示されています。

非発酵バター[無発酵バター]が日本では一般的ですが、生クリームを乳酸発酵させた物が原料の酸味のある香り高い醗酵バター(発酵バター)[ファーメントバター]等もあります。


ミルク・牛乳 関連: バターとマーガリン アイスクリームと(生)クリーム{ソフトクリーム,アイスミルク,ホイップ(クリーム)} 粉ミルクとクリープ{脱脂粉乳(スキムミルク),全粉乳,練乳(コンデンスミルク),クリーミングパウダー} コーヒーフレッシュと牛乳 豆乳と牛乳(低脂肪牛乳,成分調整牛乳,加工乳,乳飲料 等)


マーガリン

精製した動植物性油脂の大豆油,コーン油等に発酵乳や食塩,ビタミン類等を加え乳化剤で乳化{製造過程で水素を還元反応(水素化[水素付加・水素添加]:水素を分子に付加)させて固体にした硬化油脂(食用精製加工油脂)を適量配合}し、バター状に練り合わせた油脂含有率が80%以上の加工食品です。

マーガリンは軟らかく滑らかでパンに塗りやすく適しています。当初は「人造バター」とも呼ばれ、バター代用品として開発された安価な食品です。

最近ではマーガリンに含まれるトランス脂肪酸(製造過程の水素化等でも発生します)の健康被害(悪玉コレステロールを増加させる等)の可能性も指摘されています。
以前はマーガリンの原料に使う植物油にはリノール酸が豊富で、コレステロールを下げる働きがあるので動脈硬化等の予防に良いとも言われていました。
現在でもトランス脂肪酸の影響はこのリノール酸と同時に摂取しているので低減されているとも言われています。
トランス脂肪酸はショートニングやファットスプレッドは勿論、バターやラード,牛脂、また乳製品や牛肉、油脂を使った菓子等にも含まれています。

原材料の油脂には菜種油,パーム油(アブラヤシ果肉の油),ヤシ油,綿実油,向日葵油等の植物油脂、魚や豚,牛等(以前は鯨も)の動物油脂等も使われますが、主に食用植物油脂を使用し100%植物性脂肪使用というものもあります。

水素添加を行って液状の植物油を固形状にするのはショートニングやファットスプレッドも同様です。


* ファットスプレッド

油脂含有率が80%未満の物でマーガリン類に属し、風味原料(果実,果実の加工品,チョコレート,ナッツ類のペースト等)を添加する事もできます。
焦げ付いたりするので炒め物やお菓子作り等には向いてない商品もあります。

マーガリン類には風味にこだわってバターを配合した製品等もあります。


* ショートニング

ラード(豚脂)の代用品で、マーガリン等と異なりほぼ100%脂肪で水分や乳成分は含まれず、白色で無味無臭です。原材料は食用植物油脂等と食用精製加工油脂,乳化剤等です。
菓子等にショートニングを使うとサクサクとした食感に仕上がります。


 
違いは? バターとマーガリンの比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較