メリケン粉とうどん粉の比較

メリケン粉は主にアメリカから輸入した小麦粉で、明治後半〜昭和30年代頃によく使われた俗称で、「アメリカ」,「アメリカン」が「メリケン」と呼ばれ、国産小麦粉と区別する為にアメリカの小麦粉の意味で使われました。
うどん粉は国産の小麦から作った小麦粉の別称で、主にうどん用の中力粉で、うどんに必要な適度な「こし」はグルテンを適度に含む中力粉が向いています。
 


ホーム  


 調味料・香辛料,ソース・スープ等


 食材・原料

薄力粉と強力粉 メリケン粉とうどん粉 片栗粉とジャガ芋澱粉 上新粉と白玉粉 粳米と糯米 米と無洗米

木綿豆腐と絹漉し豆腐 粒餡と漉餡 ナチュラルチーズとプロセスチーズ とろけるスライスチーズとスライスチーズ バターとマーガリン

糸蒟蒻と白滝 白い蒟蒻と黒い蒟蒻 白い蕎麦と黒い蕎麦 二八蕎麦と十割蕎麦 ラーメンの麺と焼きそばの麺 パスタとスパゲティ 春雨とビーフン

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:中力粉,軟質小麦,硬質小麦,コーンスターチ,黄粉,葛粉,団子粉,米粉,餅粉,求肥[牛皮・牛肥],白米,胚芽米,玄米,,高野豆腐,玉子豆腐,胡麻豆腐,杏仁豆腐,潰し餡,練餡,小倉餡[小倉],白餡,晒し餡,パルメザンチーズ,モッツァレラ,ゴーダチーズ,チェダーチーズ,ファットスプレッド,ショートニング,蒟蒻, 田舎蕎麦,デュラムセモリナ(デュラム小麦),マカロニ,マロニー,葛切り


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・食材・原料: メリケン粉とうどん粉

メリケン粉は主にアメリカから輸入した小麦粉で、明治後半〜昭和30年代頃によく使われた俗称で、国産小麦粉と区別する為にアメリカ(メリケン)の小麦粉の意味で使われました。
うどん粉は国産の小麦から作った小麦粉の別称で、主にうどん用の中力粉で、中力粉は中間質小麦から作られますが、日本で収穫される小麦の殆どは中間質小麦です。


メリケン粉

主にアメリカから輸入した(小麦から作った *1)小麦粉で、明治後半〜昭和30年代頃によく使われた俗称です。
「アメリカ」,「アメリカン」が「メリケン」と呼ばれ、製粉技術が劣る石臼で引いた国産小麦粉(うどん粉)と区別する為、アメリカ等から来た機械製粉の小麦粉(主にパン用の強力粉で硬質小麦を使用)は「メリケン粉」と呼ばれました。

*1: 第二次世界大戦前は製粉機械を導入し製粉工場の近代化等により小麦粉での輸入は少量でしたが、戦後は製粉工場も壊滅していて食糧不足の援助物資も小麦粉だった為に一時的に小麦粉の輸入量は増加していました。


うどん粉

国産の小麦から作った小麦粉の別称として昔は饂飩粉(うどん粉)とも呼ばれていました。

主にうどん用の中力粉で、うどんに必要な適度な「こし」はグルテンを適度に含む中力粉が向いています。中力粉の性質は素麺,冷麦お好み焼,たこ焼き,餃子の皮等にも適しています。
中力粉は中間質小麦から作られますが、日本で収穫される小麦の殆どは中間質小麦です。


うどん関連: 素麺と冷麦 狐(うどん)と狸(蕎麦) カレー饂飩とカレー南蛮 掛蕎麦と素饂飩 棊子麺と饂飩


 
違いは? メリケン粉とうどん粉の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較