白味噌と赤味噌の比較

白味噌は熟成時のメイラード反応(原料の大豆等のアミノ酸が糖と反応して褐色に変化)が抑えられて色が黄白色になった味噌で、原料に米麹を多く使うので甘く、京都の西京味噌等が有名です。
赤味噌は原料の大豆の蒸煮でメイラード反応が十分起こり赤褐色に仕上がった味噌で、辛口の仙台味噌,江戸甘味噌,東海豆みそや田舎味噌(麦みそ)等があります。
 


ホーム


 調味料・香辛料,ソース・スープ等

薄口醤油と減塩醤油 醤油と溜り 醤油と魚醤 味噌と醤油 豆板醤とコチュジャン 白味噌と赤味噌

ウスターソースとオイスターソース デミグラスソースとブラウンソース ホワイトソースとベシャメルソース タルタルソースとサウザンドアイランドドレッシング コンソメとポタージュ

三盆と三温糖(砂糖) 米酢と穀物酢 (本)味醂と味醂風 食卓塩(食塩)と自然塩・天然塩

白胡椒と黒胡椒 (和)芥子と洋芥子(マスタード) 山葵とセイヨウワサビ 旨味調味料と化学調味料 調味料と香辛料 一味と七味 三杯酢と二杯酢

『備考や文中に掲載されている簡易説明だけの主な品目:濃口醤油,丸大豆醤油,白醤油,生醤油,米味噌,麦味噌,豆味噌,マヨネーズ,ブイヨン,フォン ド ボー,グラニュー糖,シロップと水飴,上白糖,黒砂糖[黒糖]等,ワインビネガー,バルサミコ(酢),黒酢[玄米酢]等,粗挽き胡椒,薬味,香味料,加薬,甘酢,合わせ酢[合せ酢],土佐酢,合わせ調味料 異なる項目に掲載の簡易説明品目:トマトケチャップ,トマトソース等


 食材・原料


 魚介,肉(製品)


 野菜・果物等(植物)



 食品・食料


 菓子類,嗜好品


 飲料・酒(アルコール)



 



   
・調味料・香辛料: 白味噌と赤味噌

白味噌は熟成時のメイラード反応が抑えられて色が黄白色になった味噌で、原料に米麹を多く使うので甘く、京都の西京味噌等が有名です。
赤味噌はメイラード反応で赤褐色に仕上がった味噌で、辛口の仙台味噌,江戸甘味噌,東海豆みそや田舎味噌(麦みそ)等があります。


白味噌

黄白色の味噌で、原料に米麹を多く使うので甘い仕上がりになります(白色甘みそ)。京都産の西京味噌,讃岐味噌(香川),府中味噌(広島)等があります。

白味噌は製造時に大豆の浸水時間を短くし蒸さずに煮る事によって褐変(褐色に変化する事)の原因が減り、メイラード反応(発酵熟成時の大豆のアミノ酸が糖と反応してできる物質の為に褐変)が抑えられて色が淡くなります。

味噌:主原料の大豆に、米[大麦,大豆]の麹と塩を加えて発酵させた調味料で、米麹を原料に用いた米みそが約八割を占め日本では一般的です。
白味噌,赤味噌以外にも淡色の信州みそ(長野)等もあります。九州等の麦みそや淡色の味噌には甘口みそもあります。

* 調合みそ:米みそと豆みその様に二種類以上のみそを合わせたり,麹を複数混合して醸造したみそで、マイルドな風味が特徴です。


赤味噌

赤褐色に仕上がった味噌で、辛口の仙台味噌,江戸甘味噌,東海豆みそや田舎味噌(麦みそ)等があります。

赤味噌の様に大豆の浸水時間を長くし高温で長時間蒸煮すると蛋白質の分解が促進され、メイラード反応が進み赤褐色になります。


食品&飲料

豆板醤 コチュジャン

白味噌 赤味噌 米こうじみそ 麦味噌 豆味噌

amazonで
 
違いは? 白味噌と赤味噌の比較、何がどう違うの
勘違いしそうな調味料や食材等の内容や用途の違いを比較